書簡が伝える心の交流【つばたさんからの手紙】映画上映も[9/6-10/1]

佐賀県伊万里市にある医療法人「街のサナーレ・メンタルヘルス・シリュージョン」(通称「まちさな」)と、その建物の設計に携わった建築家・津端修一さんの心の交流を伝える特別展示イベント、つばたさんからの手紙―まちさなと映画『人生フルーツ』―が久留米市津福本町のイベントスペース「やまかし村のギャラリー」で9月6日(木)~10月1日(月)に開催されます。

“心の病を抱える人と一緒に働き、社会参加につなげる施設”という、「まちさな」が目指す趣旨に共感した愛知県在住の津端さんは、無償で設計を申し出ました。そこから始まった交流を、津端さん直筆の建物の草案や交わされた往復書簡の展示を通して伝えます。

 

津端さん直筆の草案

津端さん直筆の草案

 

 

 

9月15日(土)、16日(日)、29日(土)には、津端さん夫妻の暮らしを追ったドキュメンタリー映画「人生フルーツ」の上映会も実施されます。

©東海テレビ放送

©東海テレビ放送

愛知県春日井市にあるニュータウンの一角に建てた平屋で暮らす津端さん夫妻の、つましく工夫に満ちた生活。後半には「まちさな」とのやりとりも取り上げられています。

ナレーションに女優の樹木希林さんを迎えた今作は、2017年1月に封切されて以来、全国100館以上で上映されるなど、ドキュメンタリーでは異例の大ヒットを記録。2018年キネマ旬報ベスト・テンの文化映画部門1位にも輝き、話題となりました。

 

自然な生き方や暮らし方を求めて共感しあった、津端さんと「まちさな」との交流を通して、「本当の豊かさとは何か?」という問いの答えが見つかるかもしれません。

 

 

 

つばたさんからの手紙―まちさなと映画『人生フルーツ』―

津端修一さん直筆の草案・書簡等の展示

日時:9月6日(木)~10月1日(月))10:00~17:00 ※火、水曜は休館
場所:やかまし村のギャラリー(久留米市津福本町834-4)
※入場無料

 

映画「人生フルーツ」上映会

日時:9月15日(土)、16日(日)、29日(土) 18:30~
定員:50名(予約・先着順)
場所:やかまし村のギャラリー(同上)
観覧料:【前日までに予約】大人 800 円、中高生 500 円、小学生以下無料

【当日】大人 1000 円、中高生 700 円、小学生以下無料

<上映会の予約、問い合わせ>
株式会社未来工房 久留米本社(広報担当:金原望)
TEL:0942-32-4612 
E-mail:east303@mirai-kohboh.co.jp 
https://www.mirai-kohboh.co.jp/

 

 

 

 

 

※情報は2018.9.3時点のものです

つばたさんからの手紙―まちさなと映画『人生フルーツ』―

住所やかまし村のギャラリー(久留米市津福本町834-4)
TEL0942-32-4612
URLhttps://www.mirai-kohboh.co.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ