キンタロー。さん愛用バッグの秘密とは?【ダイハツ キュリオス 福岡公演】

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品「ダイハツ キュリオス」福岡公演のチケット一般発売が、いよいよ10月6日(土)に迫りました。それに先駆け、同公演のスペシャルサポーターの一人、キンタロー。さんが来福。ファンファン編集部も会いに行ってきました!

「福岡・九州のみなさん~キュリオスを応援しにやってきました!」

「福岡・九州のみなさん~!キュリオスを応援しにやってきましたよ~」

この日は、ダンスの達人、キンタロー。さんから見たシルク・ドゥ・ソレイユ、そして「ダイハツ キュリオス」の魅力を教えてもらいました。

「彼らが見せてくれるのは、とにかく尋常じゃない動き。人間離れした動きです。それなのにさらりと(何気なく)演技していて、私たちは安心して見ていられる。これはどうなってるんだ?って目が離せません。本番終了後すぐに練習している方もいましたが、裏では24時間、並大抵ではない努力をしているんでしょうね」

「とにかくパフォーマーの動きが尋常じゃないですよね」

「とにかくパフォーマーの動きが尋常じゃないですよね」

「それに、ダンスをやっていても試合本番って予測不能のハプニングがあるものだけど…シルクの皆さんはすごく優雅に見えます。同じ人間なのに何が違うんでしょう??」

「私はミュージカルや演劇も大好きなんですが、シルクの舞台は、言葉も使わず、命綱もつけず、純粋に人間の持つ能力だけで人の心を揺さぶることができる。そのすごさに感動してしまいます」

キンタロー。さんも衣装を着用。深海生物を表現した「コント―ション」

キンタロー。さんも衣装を着用してポーズにトライ。深海生物を表現した「コント―ション」

キンタロー。さんは、演目の一つ「コント―ション」の本物のメイク、衣装を着用してアーティストに決めのポーズを習ったそうです。「演者の方と一緒にやってみたんですが、比べると自分は反りが甘くて、全然ダメ。あれができたら、テレビ局のどんなオーディションも受かるだろうに!」

コント―ションでは無念を味わったものの元気に「 」のポーズ!

コント―ションでは無念を味わったものの元気にポーズ!

お気に入りの演目の一つは「ロシアン・クレードル」。男女2人が地上約4mで繰り広げる空中技です。

地上4mで繰り広げられる大技!「ロシアン・クレードル」

地上4mで繰り広げられる大技!「ロシアン・クレードル」

「人ってあんなに信頼し合えますかね? とにかく日本の夫婦、カップルの皆さんに見てほしいです。自分は男女のペアがいかに難しいか痛感しているだけに、あれは本当に…嫉妬するよね!(笑) あの2人が社交ダンス界に出てきたらトップ取るんじゃないかと思っちゃいます」

ほかにも、主要キャラクター「ミスター・マイクロコスモス」の衣装が大好きとも。「あの発想をした人はすごい。ミニリリー(同じくキャラクター)の役でオーディション受けたい!」。さて、どんな意味なのかは、公演を見てのお楽しみです。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ