フランス大使もお気に入り!「ごほうびショコラ」を福岡訪問のお土産に

福岡市中央区荒戸のガトーショコラ専門店「ごほうびショコラ」の松尾葉平さん(29)が15日、フランス大使館からの提案を受け、福岡市を訪れたローラン・ピック駐日フランス大使に商品を手渡しました。ごほうびショコラは会社員だった松尾さんが6月に開店したばかりですが、大使は職員の薦めで食べて気に入っていたといいます。大使に会った松尾さんは「とても光栄。大きな自信になりました」と喜びを語りました。

ローラン・ピック駐日フランス大使(左)と松尾葉平さん

ごほうびショコラは、1本3,000円(税込み)のガトーショコラ「ごほうびショコラ」だけを1日50本限定で販売する専門店。松尾さんは高校時代に2年間カナダに留学し、現地で出会ったフランス人留学生からガトーショコラの作り方を習ったことがありました。昨年10月、仕事で疲れた妻を元気づけようと、当時の記憶をもとにガトーショコラを作ったところ、妻から大絶賛され、開業を決心。現在、商品は閉店前には完売し、関東や関西から注文が入ることもあるといいます。

チョコレートのおいしさがギュっと詰まった「ごほうびショコラ」

松尾さんによると、大使館の職員がごほうびショコラを知ったのは店のSNSがきっかけ。職員が薦めたところ大使が気に入ったため、大使館側から松尾さんに「大使が福岡市で講演する際に商品を直接渡してはどうか」と提案したといいます。

講演当日、松尾さんは覚えたてのフランス語で大使に自己紹介。大使は、フランスでもガトーショコラの専門店は珍しいとして、使っているチョコレートや福岡での人気について質問。松尾さんが「フランスの会社とベルギーの会社の最高級のチョコレートを使っています」と答えると、大使は「だからこんなにおいしいんですね。ぜひこの調子で頑張ってください」とエールを送りました。

握手を交わす2人

大使の〝お墨付き〟をもらったごほうびショコラ。松尾さんは「これからも多くの人に知ってもらい、『福岡でチョコと言えばごほうびショコラ』と言ってもらえるように頑張りたい」と話しています。さらなる活躍に注目です。

松尾さんが大使に書いてもらった色紙

→関連記事はこちら

ごほうびショコラ
住所:福岡市中央区荒戸3-4-1
電話:092-406-6386
営業:11:00~17:00 ※火曜定休
お店のFacebook
お店のInstagram

素敵な箱に入った「ごほうびショコラ」

※情報は2018.10.16時点のものです

ごほうびショコラ

住所福岡市中央区荒戸3-4-1
TEL092-406-6386

なかやま

関連タグ

この記事もおすすめ