TEAM LOCOの柳鶴マコトが釜山と福岡で挑戦!【LOCOに会いにイコ!通信2】

TEAM LOCOのお兄さん的存在です

TEAM LOCOではお兄さん的存在の柳鶴マコト。釜山の夜景をバックに

 福岡を拠点に活躍しているイケてる男子の演劇ユニット「TEAM LOCO」。その魅力を追跡するシリーズ企画の2回目は、メンバーの柳鶴マコトをクローズアップ! 

 5人の中では「お兄さん」的存在で、人懐っこい笑顔が魅力の彼。モデル、CMなどで活躍中ですが、舞台役者としての成長も目覚ましいのです。

 最近では、日本と韓国の演劇交流プロジェクト「HANARO project」のvol.5『ナ チャレッチ』に出演。釜山に3週間も滞在して稽古を続け、つい先日、釜山での本番を終えて帰国しました。同作は11月1日(木)~4日(日)、今度は福岡市の「ぽんプラザホール」で上演されます。 

釜山での劇場はここ

釜山での劇場はここ

 これまで台詞(せりふ)に外国語が入っていた経験がほとんどなく、大変なプレッシャーだったといいます。「しかもハングルが理解できる設定の役(笑)。言葉を勉強しながら気持ちを作るという新たなチャレンジでしたが、その分充実感も大きかった。悔しいミスもありましたが、それも経験。次に生かせるように頑張らないと。まずは無事に終わってホッとしています」と振り返ってくれました。

釜山での稽古風景。ハングルが飛び交います

釜山でのハングルが飛び交う稽古風景

 韓国のメンバーのほとんどが、演技を本格的に学ぶ芸能の大学を卒業後、役者をやっているという文化の違いもあったとか。彼らは他の舞台と掛け持ちしている場合も多く(しかも何ステージも!)、そのパワフルさにも刺激をもらったそうです。

韓国組ともすっかり意気投合。福岡での上演も楽しみ

韓国の役者さんはとってもパワフルとか! すっかり意気投合

釜山の街にもすっかり馴じんでいますね

釜山の街にもすっかり馴じんでいますね

 「韓国のメンバーって、感情表現が本当に豊かなんですよ。それを見ていて演技についてもっと深く学びたい欲が出てきたし、たくさんの刺激をもらえました。そして、いよいよ福岡での上演! 釜山で苦労しながら創り上げた公演を、福岡の方に観てもらえるのはとてもうれしいです。台詞や演じるキャラクターの気持ちをもう一度整理して、福岡公演にのぞみたいです」

ぽんぷらざホール公演の案内

ぽんプラザホール公演の案内

 そんな新たな経験をたくさん積んだ後、11月末にはTEAM LOCOの舞台も控えています。

 「メンバーにワガママを聞いてもらい、釜山公演に出演しました。そこで学んだ事や感じたものを、LOCOの公演で爆発させたい。パワフルな韓国の役者に負けず、集中して稽古に励みたいし、メンバーにもパワフルさを伝染させたい。みなさん、会場で待っています!」

 

HANARO project vol.5「ナ チャレッチ」
日時:11月1日(木)~4日(日)
 1日19:00~、2、3日14:00/19:00、4日14:00
場所:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:前売2,800円、当日3,200円
問い合わせ:HANARO project
電話:090-1349-9041(担当:ニタノ)
詳しくは公演ホームページ

TEAM LOCO『SHOW MUST GO ON』
日時:11月29日(木)、30日(金) 19:30
会場:サイエンスホール(福岡市中央区六本松4-2-1福岡市科学館6階)
出演:町田悠宇、柳鶴マコト、ジェフ太郎、東ヨシアキ、比屋根和太
料金:前売2,000円、当日3,000円、学生シート1,000円(学生証提示)
問い合わせ:CGE
電話:092-716-0555
チケット取扱いなど詳しくはチケット発売ページ

※情報は2018.10.27時点のものです

HANARO project vol.5「ナ チャレッチ」

住所福岡市博多区祇園町8-3
TEL090-1349-9041
URLhttp://blog.livedoor.jp/hanaroproject/archives/26567307.html

はらだもとこ

演劇を中心にステージ観覧が日常。最近気になるのは公私ともにダンス。

関連タグ

この記事もおすすめ