「自分でいいか葛藤あった」西島秀俊さんら、福岡で「空母いぶき」を語る

 国籍不明の軍事勢力に攻撃を受け、戦後最大の危機に瀕(ひん)した日本の24時間を壮大なスケールで描く、現在公開中の映画「空母いぶき」。かわぐちかいじ原作のコミックを実写化した期待作です。冷静に決断を重ねていく、護衛艦「いぶき」の艦長・秋津竜太を演じた西島秀俊さんと、コンビニの店員・森山しおりを演じた深川麻衣さんに話を聞きました。

西島 秀俊さん(写真左)と深川麻衣さん(同右)

— 原作のファンも多いですが、オファーを受けたときの心境は?

西島 本当にファンが多く、かわぐち先生初の実写化作品ということで、プレッシャーは大きかったです。脚本も、自衛隊やマスコミ、政治、一般人というさまざまな目線で戦後の日本が経験したことがない24時間を描いていて、すごく面白いと思いました。ただ、果たして自分でいいのか、できるのかという葛藤はありました。

西島 秀俊さん

— 実際に自衛隊員に話を聞いて、護衛艦の見学もされたそうですね

西島 任務や考え方について、率直なお話を聞かせていただきました。優秀なパイロットの条件は、ベストではなくベターな判断を瞬時に下せる人間であることと素直さ。皆さんがそう口をそろえておっしゃったことが興味深かったです。映画はフィクションなので大声を出すシーンもありますが、実際は、指示を聞き漏らさないよう、CIC(護衛艦内の戦闘指揮所)はとても静かだそうです。冷静な指揮官である秋津の素直さ、静けさは、その話に影響を受けています。

— 緊迫した戦闘の合間に描かれた深川さんが出演する日常のシーンはホッとします。

深川 中井貴一さん演じるコンビニの店長の下で働くアルバイト店員を演じたのですが、原作にはないオリジナルキャラクターとして参加させていただけてうれしかったです。若松(節朗)監督をはじめ、中井さんとも一緒にお仕事をさせていただくのは初めてだったので、とても緊張しました。今撮っているこのシーンはどうやって(戦闘の)間に挟まれていくんだろうと不思議でしたが、完成した作品を見たときは驚きました。点と点が線につながっていく様子に、台本を読んでいたことを忘れるくらい、没頭して見てしまいました。

西島 別々に撮影して顔を合わせないキャストも多かったのですが、完成した映画を見ると、それぞれがそれぞれの場所で戦っていることが、作品としてきれいに結びついていて、非常に感動しました。当たり前のような平和な今の生活は、実はかけがえのないものであるということを、この映画に関わったことで改めて実感しましたね。

— 深川さんは中井さんとの共演はいかがでしたか?

深川 中井さんはユーモアあふれるお芝居で、魅力たっぷりの店長でした。毎回アドリブが少し含まれていたり、カメラが回るたびに違うお芝居をされたりしていて、「しっかりと店長に付いていくぞ」という気持ちで撮影に臨みました。

深川麻衣さん

— 秋津は緊迫した状況で冷静に決断を重ねていきますが、お二人がした決断とは?

深川 人生最大の決断ですが、上京したことです。高校生の頃から芸能の仕事に憧れがあったものの、上京する勇気がなくて…。専門学校卒業後の就職を考えたとき、「後悔したくない!」と上京しました。それが今につながっているので、大事な決断だったと思います。

西島 う~ん。最近決断してないなあ。さっき、焼きドーナツかダックワーズを食べるかで迷って、ドーナツを選ぶ決断をしました(笑)。取材が終わったら、ダックワーズを食べようかな。あとはいつ、ごぼう天うどんを食べようかと決断に迷っています(笑)

西島 秀俊さん(写真左)と深川麻衣さん(同右)

— ぜひごぼう天うどんを食べて帰ってください! 西島さんは福岡に撮影で来られる機会が多いですよね。

西島 アクションが激しい作品は大体北九州市などで撮影させていただいています。一時期は住んでいるのかと思うくらいにおじゃまして(笑)。これほど撮影に協力してくれる場所はないです。エキストラの皆さんも本当に温かく、優しく、楽しんでくれて。本当に感謝しかないです。今後もおじゃまします。

<プロフィル>
西島 秀俊(にしじま・ひでとし)
 1971年生まれ。東京都出身。94年、「居酒屋ゆうれい」で映画初出演。主な出演作は、ドラマ「ダブルフェイス」、「八重の桜」、「名探偵・明智小五郎」、映画「劇場版MOZU」「散り椿」「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」「人魚の眠る家」など。
深川 麻衣(ふかがわ・まい)
 1991年生まれ。静岡県出身。女性グループ「乃木坂46」の1期生として2016年まで活動。17年に舞台「スキップ」で初主演し、主演映画「パンとバスと2度目のハツコイ」でTAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。主な出演作は、連続テレビ小説「まんぷく」、ドラマ「日本ボロ宿紀行」、映画「愛がなんだ」など。

※情報は2019.5.30時点のものです

秋吉真由美

この記事もおすすめ