藤原紀香さんが福岡で「サザエさん」の意気込み語る 9月から博多座公演

 博多座(福岡市博多区)で9月28日(土)~10月13日(日)、舞台「サザエさん」が上演されます。サザエさんを演じる藤原紀香さんが7月26日、原作者・長谷川町子さんのゆかりの地であり、漫画にも登場する西南学院大学博物館(ドージャー記念館)を訪れ、公演に向けての意気込みを語りました。

サザエさんの決まり文句「サザエでございま~す!」と登場

 今年でテレビ放送50周年を迎える国民的人気アニメ「サザエさん」ですが、舞台で描くストーリーはサザエさん一家の“10年後”。相変わらずおっちょこちょいなサザエ、出世して毎晩帰りが遅いマスオ(葛山信吾)、定年退職して暇を持て余している波平(松平健)、大学生のカツオ(荒牧慶彦)、専門学校に通うワカメ(秋元真夏/乃木坂46、齊藤京子/日向坂46のダブルキャスト)、中学生になったタラオ(大平峻也)。そんな家族を見守っているフネ(高橋恵子)とタマ(酒井敏也)。おなじみのサザエさん一家が博多座に勢ぞろいします。

会見は漫画にも描かれた西南学院大学博物館で開かれました

 「日本一有名な家族と言っても過言ではないサザエさん一家。有名な家族の一員になれてうれしいです」と藤原さん。「役をいただいた時は、本当に私で良いの?と思いましたが、私もおっちょこちょいでお調子者。小さい頃は忘れ物をするたびに『サザエさんかいな』と言われてきました。サザエさんと似たところもあるので、楽しみです」

「おっちょこちょいな点はサザエとそっくりです」と藤原さん

 約2週間の博多座公演中は、長谷川町子さんゆかりの地に行ったり、西新商店街で地元の人と交流したりしたいという藤原さん。「みんなが大好きな家族。ほっこりして、笑って、泣いて。日本中が癒やされてきたサザエさんをリスペストしながら演じて、家族の大切さが伝わるような作品になれば最高です」と話していました。

「髪型すごく気に入っています」とも

 

 

舞台「サザエさん」
日時:9 月28日(土)~10月13日(日)
場所:博多座(福岡市博多区下川端町2-1) 
料金:A席13,500円、B席9,500円、C席6,500円
 チケットは8月3日(土)発売開始
問い合わせ:博多座電話予約センター
電話:092-263-5555 (10:00~18:00)

※情報は2019.8.5時点のものです

博多座

住所福岡市博多区下川端町2-1
TEL092-263-5858
URLhttp://www.hakataza.co.jp/

秋吉真由美

この記事もおすすめ