吉永小百合さんと天海祐希さんが福岡で「最高の人生の見つけ方」会見

 人生を家庭に捧げた主婦・幸枝と人生を仕事に捧げた女社長・マ子。余命宣告を受けた2人の女性が主人公の映画「最高の人生の見つけ方」が10月11日(金)から公開されます。
 主演の吉永小百合さんと天海祐希さんが福岡を訪れ、作品の見どころを語りました。

吉永小百合さん(右)と天海祐希さん

吉永小百合さん(右)と天海祐希さん

 ハリウッド映画「最高の人生の見つけ方」を原案に、舞台を日本に置き換えて描いた同作。吉永さん演じる幸枝と天海さん演じるマ子が、偶然手にした12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行する旅に出るロードムービーです。
 リストには「スカイダイビングをする」「ももクロライブに行く」「日本一大きなパフェを食べる」「好きな人に告白する」など、12歳の女の子らしい夢ばかり。性格も正反対の2人が互いを思い合い、衝突しながらも、一歩ずつ行動に踏み出していく様子は、生きていく上でのヒントを教えてくれているような、そんな気がします。

「弾けるように楽しく撮影でした」と吉永小百合さん

「弾けるように楽しく撮影できました」と吉永小百合さん

―2人は18年ぶりの共演ということですが、いかがでしたか。

吉永 以前共演した映画「千年の恋 ひかる源氏物語」では直接、セリフを交わす場面がなかったので、当時から「2人でいつかロードムービーをやりたいわね」と話していたんです。撮影中、本当に天海さんが頼もしくて、引っ張ってもらって、とても楽しい撮影でした。感謝しています。

天海 18年ぶりにまた小百合さんと共演させていただける幸運に恵まれて、撮影中は夢のような毎日でした。緊張しましたが、小百合さんがまとう柔らかい空気に勇気付けていただきながら、頑張ったつもりです。

 ―天海さんのキャスティングは、吉永さんの提案だったとか。

吉永 忙しいスケジュールの中でも出演してくださったというのは本当にラッキーでしたね。

天海 小百合さんがお声をかけてくださったと聞いたら、断る選択肢はありません。こんなに幸運なことはないので、「ぜひ」とお返事しました。

「天海さんは兄貴のような存在(笑)」

「天海さんは兄貴のような存在(笑)」

―長崎県でのロケはいかがでしたか。

吉永 五島の福江島で撮影したのですが、景色がすばらしかったです。つい食べ物の話になってしまいますけど、五島の魚はとびきりおいしくて幸せでした。

天海 長崎市での撮影は、ムロツヨシさんや満島ひかりさん、前川清さんと一緒だったのですが、撮影が終わって5人で中華を食べました。人生や仕事についてなど、いろんな話をして、すごく楽しい時間を過ごしました。ちょうど、ランタンフェスティバルの時期でしたので、食事の帰りはランタンを見に行きました。夢のような景色が印象的でした。

「小百合さんと共演できるのが幸運で」と天海祐希さん

「小百合さんと共演できるのが幸運で」と天海祐希さん

―「ももクロライブに行く」といくリストを実行する場面はとても楽しそうでした。実際に横浜アリーナで行われたライブ中に撮影されたそうですね。

吉永 演じるというより、本当に楽しんでいました。フリを間違えたら大変なので、とても緊張しましたが、踊り終えたときはうれしくて、天海さんに抱きついて喜びました。ももクロのメンバーはもちろん、スタッフ、ファンの皆さんのご協力のおかげです。

2人の優しい雰囲気に包まれた会見でした

2人の優しい雰囲気に包まれた会見でした

―映画では次々と「やりたいことリスト」を実行していきますが、“福岡で”やりたいことは?

吉永 長浜ラーメンを食べたいです。大好きです。

天海 いつも仕事で、なかなかゆっくり滞在することができないので、ぜひゆっくり滞在して、長浜ラーメンを食べて、観光名所を巡りたいですね。

「ぜひ若い方にも見てほしい」と吉永小百合さん

「ぜひ若い方にも見てほしい」と吉永小百合さん

―最後にメッセージを。

吉永 病気になって、家庭にも問題がある幸枝はとても大変だったと思うんです。でも自分のために何かをしてみようと旅に出る。そんなふうに気持ちが解放されることってすごく大事です。何でもいいですから、好きなことを見つけることが大切だと思います。シリアスなシチュエーションの中でも、楽しいシーンが多い、ポップな映画は少ないです。私たちの世代だけでなく、若い方にも見て考えていただけたら、笑っていただけたらうれしいです。

※情報は2019.9.30時点のものです

秋吉真由美

この記事もおすすめ