演劇×J-POP×ダンス 新感覚エンタメ「梅棒」福岡初公演!!楢木和也さん&大村紘望さん

演劇×J-POP×ダンスで泣き笑いのストーリーを伝える新感覚のエンターテイメント集団「梅棒」。日本トップレベルのダンスコンテストで数々の受賞歴を持つなどクオリティの高いダンスと演劇的な要素で、幅広いファン層を持つ「梅棒」の公演「男なら、やってやれ!!」が1月10日(土)と11日(日)、福岡市中央区渡辺通の電気ビルみらいホールで開催されました。

 

「男なら、やってやれ!!」は、昨年11月の東京公演、同12月の大阪公演ともに満員御礼で終了。福岡が千秋楽公演ですが、福岡での梅棒の公演は初めて。梅棒のメンバーで九州出身の楢木和也さん(福岡出身)と大村紘望さん(大分出身)に梅棒や公演の魅力について聞いてみました。

楢木さん(左)と大村さん(右)

楢木さん(左)と大村さん(右)

Q)梅棒の魅力について教えてください。

A)まずは、メンバーが男性だけということ。そして、演劇とダンスが融合したパフォーマンスということ。それから、誰もが聴きおぼえのあるJ-POPにのせて分かりやすいストーリーを展開していることです。

 

Q)福岡では初の公演ですが、2人にとっては凱旋公演ですね。

A)感動しかありません!(笑)

カメラを向けるといろいろなポーズをとってくれました。

Q)梅棒のファンは、年代ジャンルともに幅広いそうですね。

A)演劇が好きな方もダンスが好きな方も楽しんでもらえるようなステージになっています。J-POPもみんなが知っている曲を使っています。曲にはそれぞれ思い出があると思いますが、作品を通して曲を聴きながら当時のことを思い出したり、「この曲でこんな表現(ダンス)をするんだ」と感じてもらったり。世代も年代も超えてみんなに楽しんでいただけると思っています。

 

Q)「男なら、やってやれ!!」は、内気でオタクな少年と悪ガキ少年、アイドル歌手を夢見る少女の幼なじみの3人の青春ストーリー。お2人はどんな役柄なんですか?

楢木さん)劇中の役柄では暴走族メンバー。梅棒の中での役割としては、ノリの良さとパーティー精神でみんなを楽しませるHAPPY野郎です(笑)。あと、爽やかな笑顔で異性を虜にする「ちょうどいいイケメン」という伊達男役(笑)。メンバーの中で最年少なのでダンスの部分ではエネルギーを出してみんなを引っ張っていきたいと思っています。

 

大村さん)劇中の役柄では、普段は警官の特撮ヒーローヲタ。梅棒の中での役割としては、時間をかけて物事を理解するタイプで、メンバーのテンポの速い会話に置き去りにされることも。でも、男気があって一直線な、いわゆる九州男児という役です。

並外れた柔軟性を持つ大村さん(右)

並外れた柔軟性を持つ大村さん(右)

Q)「福岡のここが好き!」という点を教えてください。

大村さん)僕は母方の祖母が柳川なのですが、柳川の川下りやウナギが大好きです!

楢木さん)僕は筑紫野市出身ですが、福岡は人があったかい気がしますね。天神に行けば誰か知っている友だちに会えそうな気がするし、人と人とがつながっている感じがして居心地がいいです。

 

Q)最後に、福岡のファンの方にメッセージをお願いします。

A)映像や写真では感じられない感動が生の舞台できっと味わえます。梅棒の公演は、観客の方も一緒になって楽しめる参加型の舞台。自分自身も出演するような気持ちで、大いに楽しんでいただきたいと思っています。よろしくお願いします!

福岡公演初日は満員御礼!観客はスタンディングオベーション!大いに盛り上がりました。

福岡公演初日は満員御礼!観客はスタンディングオベーション!大いに盛り上がりました。

 

↓「男ならやってやれ!!」プロモーションムービー

 

■梅棒3rd STAGE「男なら、やってやれ!!!」

1月10日(土)19:00~、11日(日)13:00~/17:00~

@電気ビルみらいホール(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82)

チケットぴあ販売ページ⇒http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1433709

※情報は2015.1.12時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ