ファッションを通じてみんなを笑顔に!青柳理枝さん

いくつになってもファッションは女性の気になるところ。今回、ご紹介するのは、ファッションに悩む女性たちを応援してくれる心強い味方、ファッションコーディネートやアドバイス、パーソナルカラー診断などを行っている青柳理枝さんです。学生時代からセレクトショップで販売員として働き、最新のファッション事情に常にアンテナを向けている青柳さんに、お話を伺いました。

 

Q)青柳さんはいつごろからファッションに関心があったんですか?

A)5歳離れた姉の影響で、中学のころからファッション通信の番組を見るなど、ファッションに関心が高かったです。当時、私は運動嫌いで太っていたのですが、頭の中で「こんな服を着てこんな風に歩いて…」など、妄想ファッションショーをしていました(笑)。

Q)セレクトショップで学生時代にアルバイトしていたと聞きました。

A)はい。最初はデパートの食器販売店で働いていたのですが、大好きな「IENA」の服がそのデパートにありました。憧れているだけでしたが、縁あって「IENA」のショップで働くことができ、接客業の面白さを知りました。

 

Q)接客の面白さってどんなものですか?

A)何よりも、お洋服を選んで下さる方がいきいきしていることが嬉しいです。新しいお洋服を身にまとい、鏡にうつる自分の姿を見て笑顔になる瞬間に出会えること。お客様に似合う色や洋服を提案して、喜ばれることが嬉しくて、接客して良かったな、と心から思えます。

Q)学生時代からファッションの道を志していたのですか?

A)いえ。大学では日本文学を専攻し、古典の教師になりたいと思っていました。卒業論文のテーマは「源氏物語から枕草子に至る色について」。今思えば、古典文学と同じくらいファッション、カラーに興味があったんですね(笑)。

 

Q)面白い卒論のテーマですね。就職活動は?

A)結局、教師ではなく接客業に携わりたいという気持ちが強く、いろいろと考えていました。そんなとき、友人からユナイテッドアローズの説明会に誘われて。ユナイテッドアローズは大好きなブランドでしたが、雲の上の存在だと思っていました。でも、とりあえず挑戦してみようと。当時、正社員は募集していませんでしたが、ファッション業界ではアルバイトから始めてその後、社員になるケースが多くありました。そしてアルバイトの面接に行き、結局、大学4年生の秋からアルバイト採用され、1年半後に社員として採用。約9年間にわたって憧れのブランドの社員として働きました。ここで学んだ多くのことや、出会った人たちとの縁は、今の私にとって宝物になっています。

Q)現在は、ショップ販売ではなく、フリーで活動されていますね。

A)ショップの粋を超えてもっと自由にお客様にファッションを楽しんでほしい、と思って独立しました。カラー&イメージコンサルタントの藤原純子さんに学び、その人に合ったパーソナルカラー診断も行っています。藤原さんからは、色だけでなく自分を生かすファッションの大切さを学びました。

 

Q)ところで、青柳さんはパリが大好きだそうですね。

A)2013年秋に1ヶ月ほどパリに一人旅しました。ファッションといえばパリ!確かに、街並みも美しく、ファッショナブルな人も多かったのですが、それよりマイペースでおっとした印象が街全体にあふれていました。個性を大事にするというか、「ケ・セラ・セラ(なるようになるさ)」といった前向きなゆとり感。街を歩いている人たちのファッションにもそれが伺えて、とても刺激的でした。日常に、カジュアルな気分でファッションを楽しむことができる街の雰囲気に魅力を感じました。

青柳さん撮影のエッフェル塔とセーヌ川

青柳さん撮影のエッフェル塔とセーヌ川

Q)福岡もファッションセンスが高い県という印象がありますが、どうでしょうか?

A)ずば抜けてオシャレというわけではないと思いますが、オシャレな人やファッションが大好きな人が多いと思います。個性的なショップも多いし、平均点は高いのではないかと…。

 

Q)青柳さんのポリシーは。

A)「好き」という気持ちが一番大事。自分の気持ちに素直になること。ファッションについてカウンセリングをさせていただくこともありますが、「こんな人にはこんな色や形が似合う」ということより、「その人自身がそのファッションを好きかどうか」を大切にしたいと思っています。明るい気分になれるファッションのお手伝いをしていきたいと思っています。

Q)最後に、青柳さんの夢を教えてください。

A)フランスと福岡を行ったり来たりしながらファッションセンスを磨き、生き生きとした人を周りに増やしていきたいです。

※情報は2015.2.24時点のものです

青柳 理枝さん

学生時代からセレクトショップで販売員として接客、商品担当、店舗プレスなど様々な業務に携わる。 現在はお店の枠にとらわれず、その人の悩み、ライフスタイル、理想に合ったスタイルをカウンセリングを大切にして提案。 他、パーソナルカラー診断、クローゼット診断で自分を知るお手伝いも行っている。

青柳さんのコラム「miroirの日々のオシャレ、時々Paris」⇒https://fanfunfukuoka.com/tag/miroir_fashion/

福岡の好きなところは?
食べ物(特にお魚)が安くて美味しい!交通の便もいいし、ちょっといったら温泉や自然豊かな場所がある、ほどよい都会感が好き。

関連タグ

この記事もおすすめ