ひとつひとつの出会いを大切に 池田エライザさん(モデル)

今月、福岡の高校を卒業したばかりで、雑誌「CanCam」の専属モデルの池田エライザさん。現在、エライザさんの写真展が福岡市・天神のイムズB2Fイムズプラザで開催されています(4月12日まで)。「セルフィ(自撮り)の神」と言われ、クラウド・ファンディングで写真集「@elaiza_ikd」を作るなど、セルフプロデュース力にも優れた若きモデルとして注目を集めているエライザさんに、お話を伺いました。

イムズB2Fイムズプラザで開催中のエライザさんの写真展

イムズB2Fイムズプラザで開催中のエライザさんの写真展

等身大の回転式コーディネイトパネルも楽しめます。

等身大の回転式コーディネイトパネルも楽しめます。

Q)モデルになった経緯を教えてください。

A)中学1年生のときに友だちに誘われて受けた雑誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを受賞したことがきっかけです。その後は、モデルとして東京と福岡を行ったり来たり。16歳のころに「Can Cam」の専属モデルになり、2014年から授業方法を通信制に切り替えて上京。今春、福岡の高校を無事に卒業することができました。

 

Q)幼いころからモデルになるのが夢だったんですか。

A)いえ。私は兄2人と弟1人の4人兄弟の中で育ちました。幼いころは外で遊んで日焼けしている女の子でした。一方で、本が大好きで、将来は活字に携わる仕事に就くのだと思っていました。

Q)お母さんもモデルだったそうですね。

A)母はフィリピン人ですが、私が中学2年生のときに、母が元ミスフィリピンでモデルとして活躍していたことを話してくれました。母は自分がモデルとして務めていたから、私がモデルになることをとても心配して最初は反対していました。モデル業界の厳しさを身を以て知っているからこそのことだと思います。そんな母に反抗心を抱いていたこともありましたが、今では私の一番の理解者ですし、私も母のように格好いい女性になりたいと思っています。

 

Qエライザさんは「セルフィ(自撮り)」で話題ですが、セルフィに興味を持ったきっかけは。

A)モデルの仕事を初めて、何か自分のいいところを見つけなきゃと思って。私はもともとファッションもオシャレも無頓着でコンプレックスも多かったのですが、自撮りをするようになって自分のことをよく知ることができるようになりました。角度や写真の撮り方によって表情や見え方の印象は随分変わります。自分で自分を撮るなんてナルシストだって思われるかもしれませんが、カメラでも鏡でも自分とちゃんと向き合って自分の長所や短所を見つけることは大事。コンプレックスは向上心につながるものだし、徐々に自分を好きになることができたらそこから自信が少しずつ着いていくものだと思います。

Q)モデルの仕事の面白さは何ですか。

A)撮影したものは数カ月以内に結果が出ます。自分の仕事が新しい何かにつながっていく。誰かに影響を与え、発信したことが誰かの行動につながっていく。誰かに「伝える」「影響を与える」という存在であることがモデルの仕事の凄さだと感じています。楽ではないけれど、よりよい作品を一緒に作っていこうと思ってくれる現場のスタッフの人たちと一緒に仕事ができることがとても幸せです。

 

Q)休日はどう過ごされていますか。

A)大体、本を読んでいるか散歩をしています。本のジャンルは本当にさまざまなのですが、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」やジョルジュ・サンドの「愛の妖精」などは大好きです。小学生のときは図書委員をしていたのですが、本が大好きになったのは赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズを読んだときからかな(笑)。

Q)福岡で好きなところといえば?

A)自然に囲まれていて、開放的な雰囲気が好きです。実家に戻るとよく神社や公園を散歩するのですが、浄化されたような気分になれます。街もきれいだし、何より人があったかい。福岡を離れて一層、福岡っていいところだな~と実感しています。

 

Q)エライザさんのポリシーを教えてください。

A)一言では表せないのですが、あえていえば「一期一会」。いろいろな人と出会って、愛情を受け取って、受け取った愛情は心を込めて返したいと思っています。ひとつひとつの出会いを大切にしたいと思っています。

Q)イムズでの作品展は初めての凱旋展示会となりましたが、率直な感想を教えてください。

A)ずっと福岡で育って、イムズにもよく来ていたのでここでファッションの仕事や写真展が開催できて光栄です。イムズの春の新作、ファッションに合わせたメイク、私の愛情がいっぱい入っている写真展ですので、多くの方に楽しんでいただけたらと思っています。

若い世代に大人気のエライザポーズ

若い世代に大人気のエライザポーズ

Q)福岡の女性へメッセージをお願いします。

A)福岡は本当に温かくて素敵な街。こんな福岡で暮らせるなんてとてもラッキーなことだと思います。いろいろなファッションも楽しめる環境の福岡で、最大限に楽しんでほしいと思っています。

※情報は2015.3.25時点のものです

池田エライザさん

福岡出身のモデル。「エライザポーズが可愛すぎる」とテレビで反響を呼び、自身のツイッターは14万人、インスタグラムでは6万人を超えるフォロワーの持ち主。

エライザさんのオフィシャルブログ⇒http://ameblo.jp/elaiza-ikd/

エライザさんのTwitter⇒https://twitter.com/elaiza_ikd

この記事もおすすめ