バッハも徹子も『水引』で表現!水引デザイナー長浦ちえさん

冠婚葬祭時の贈答品の包み紙などを飾る帯ひもとして、古くから日本人に親しまれている「水引」。福岡市在住の長浦ちえさん(福岡市)は、若い世代にはなじみが薄くなりつつある水引を「もっと暮らしの中に溶け込ませたい」と、ユニークなポスターやアクセサリーなどを制作している、全国でも数少ない水引専門のデザイナーです。

水引は、和紙を固めて作るひものこと。一般的にご祝儀袋や正月飾りなどに使われますが、色の組み合わせや結び方で多彩にアレンジできます。

伝統的なあわじ結び

伝統的なあわじ結び

長浦さんは23歳のとき、「たまたま求人誌で『水引デザイン』の文字が目に留まって」水引と出合い、デザイナーとして企画会社に就職したそうです。その後、フランスに渡り、フリーの水引デザイナーとして活動。パリの有名ホテルなどに作品が展示されたこともあるそうです。「フランス人の多くがリボンではなく、紙で思いを結ぶ水引に、細やかな日本人の精神性が表れていると感動していた」と長浦さん。渡仏の経験を機に、長浦さん自身もまた、水引の美しさを再認識したそうです。

伝統的なあわじ結びもひと工夫すればこんな形に!

伝統的なあわじ結びもひと工夫すればこんな形に!

 

自由な発想で新しい形が誕生するのが水引の魅力のひとつです。

自由な発想で新しい形が誕生するのが水引の魅力のひとつ。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ