博多名物・明太子「ふくや」川原正孝社長とランチ@博多料理銀河の「親子丼」

博多を代表するグルメといえば、ラーメン、もつ鍋、一口餃子…。いろいろありますが、外せないのが「明太子」。今や全国で知らない人はいないというほどの博多名物「明太子」ですが、その歴史はそれほど長くありません。始まりは、昭和24(1949)年、戦後まもない博多・中洲の小さな食料品店「ふくや」。博多名物「明太子」はどのような経緯で誕生し、博多の味としてこんなにも広がったのか―。ふくや4代目社長の川原正孝社長とランチを楽しみつつ、お話を伺いました。

川原社長おすすめランチ

企業の社長とランチデートをしつつ、おいしいごはん&お話をいただくコーナーとして始まった企画。「どこかオススメのランチスポットを教えてください」とお願いし、川原社長が教えてくれたのは、福岡サンパレスホテル&ホール(福岡市博多区築港本町)9階の博多料理「銀河」でした。

「やあ、どうも」とにこやかな笑顔で目の前に現れた川原社長にエスコートされた席は、視界360度、見晴し抜群のロケーション。「ここの『はかた親子丼』が旨いんですよ。博多の味が堪能できるし、博多の街も一望できる。意外と穴場で知らない人も多いんですけどね」。確かに。JR博多駅から博多港まで眺められるランチスポットがあるなんて知りませんでした。

親子丼には、博多名物の「水炊きスープ」と「おきゅうと」、そして、もちろん「明太子」も!

ボリューム満点のランチですが、明太子と一緒だとご飯がどこまでも進む、進む!新たな刺激を舌で楽しみながら、「ふくや」の歴史や今に受け継がれている「ふくやスピリッツ」についてお話を伺いました。

 創業者の思い受け継ぐ

「ふくや」の創業者は、現社長の川原社長のお父様である故・川原俊夫さんです。戦後、韓国・釜山から引き揚げて昭和23年10月5日、中洲市場に食料品店「ふくや」を開業。「ふくや」という名は、俊夫さんの兄が釜山で開いていた食料品店「富久屋」を、母・千鶴子さんが「ひらがなにしよう」と提案したことから付けられたそうです。

「ふくや」の創業者、川原俊夫氏

「ふくや」の創業者、川原俊夫氏

開店当初は干し魚などの乾物や豆類、調味料、海産物を販売していたそうですが、俊夫さん夫妻は釜山で食べていた「メンタイ」の味が忘れられず、10年近くの年月を費やし、試行錯誤の末に、ついに「味の明太子」が誕生しました。

「ふくや」の味の明太子

「ふくや」の味の明太子

川原社長の兄で3代目社長を務めた川原健・取締役相談役の著「明太子をつくった男」(海鳥社)には、ヒット商品になるまでの明太子の軌跡が綴られています。「試しては捨て、捨てては試し…。父は、これを十年近く幾度となく繰り返した」。そして、当時小学生だった川原社長が、まったく売れずに売れ残った明太子を博多川に捨てに行くよう言いつけられとても嫌がっていた、というエピソードも綴られていました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ