ドラマ「ガチ★星」監督、数々の賞に輝く映像クリエーター 江口カンさん

『めんたいぴりり』の監督であり、数々の賞に輝く映像クリエーターの江口カンさん。

今回手掛けたドラマ『ガチ★星』は、プロ野球チームから解雇され、親友や家族を裏切り、ギャンブルに金をつぎ込む“どうしようもない奴”が主人公。競輪選手を夢見てもがく男の物語とは。

 

-四十がらみで夢に挑戦する濱島浩司が主人公

この濱島が本当にダメなんですよ(笑)。大切な人を裏切り続けて周囲に見放されて。そのうえ、濱島は年をとってから夢に再チャレンジするわけだから、格好つけてる暇はない。もがき苦しんで無様なんです。でも、もともと人間は濱島のようにだらしない生き物だと思います。放っておくと堕落してしまう。悪態もつく。でも、悪態をつくのは自分への不満を感じているからです。誰にでもあるでしょ。思うようにいかない自分にイライラして周りに感情をぶつけてしまうことが。ドラマで描きたかったのは、人が見て見ぬふりをしているだらしなさや、やり場のない不満、そして肉体的・精神的な「痛み」です。

 

-これまでのユーモアのある作品とは違います

濱島がダメすぎて笑える部分はありますが、笑わせようと思って撮ったシーンがないんですよね。『ガチ★星』は今までにない挑戦だったと思います。それに僕の好きな「自転車」も撮ることができた。競輪シーンは時間がなくて本当に苦労しましたが、特殊な撮影手法を使い迫力のある映像に仕上がっています。この物語は、痛い場面でも、共感できるところがあるはず。「痛みやつらいことの先に希望がある」と思ってもらえたら何よりです。

 

TNCドラマ『ガチ★星』 5月14日(土)13:00~15:00

テレビ西日本で一挙2時間放送

【監督】江口カン 【脚本】金沢知樹

【出演】安部賢一/福山翔大/船崎良/博多華丸/モロ師岡ほか

 

Profile

江口カン

福岡県生まれ。’97年 KOO-KI 共同設立。CMやドラマ、短編映画などエンターテインメント性の高い作品の演出を数多く手がける。カンヌ国際広告祭で3年連続受賞し、ドラマ『めんたいぴりり』では日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。Webムービー「TOYOTA G’s『Baseball Party』」は860万ビューを超える。福岡市文化賞、福岡県文化賞も受賞。

 

※情報は2016.5.13時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ