創業65周年「三好不動産」三好修社長と串揚げ店「串一」へ!

親子ゾウのロゴマークでお馴染みの「三好不動産」は今年で創業65周年を迎えました。

1949年、宇美町で質屋として開業し、51年に三好商店創立。翌年、唐人町に三好質店不動産部が開店。その後、吉塚や天神に開店し、67年に三好不動産に改称。その後も事業拡大を進め、現在は、管理戸数3万戸を超える福岡を代表する不動産会社として成長を続けています。

そんな三好不動産の三好修社長が、ランチデートの場所として案内してくれたのは、唐人町商店街の中にある創作串揚げ店「串一」。狭い路地に入った、知る人ぞ知る地元の名店です。三好社長は6人の社員とともに来店。店内にはカウンターしかなく、貸切で「串かつ定食」をいただきました。

まずは、サラダと冷ややっこ、ご飯、味噌汁が出てきました。「社長はどんな串が好きなんですか?」と尋ねると、「私はごはんと味噌汁が好きなんです。ここのご飯は光ってるんです。おいしいですよ」と三好社長。確かに。でも、ご飯だけではありません!その後、アスパラ、エビ、ウズラの卵…と、次々に揚げたての串が登場。塩とソースが用意され、好みで食べ分けるのですが、おいしい!サクサクの衣の食感もたまりませんでした。

串かつ定食(850円)

串かつ定食(850円)

三好不動産は、今年で創業65周年。あと35年で100周年を迎えますが、三好社長は「100周年の時、私は95歳。あと60年生きる予定ですから、その時が楽しみです」と笑顔…というか、真顔。今年2月に61歳の誕生日を迎えられた三好社長は、朝礼で「マラソンでいえばちょうどハーフ地点をスタートしたばかり。あと60年間よろしくお願いします」とあいさつし、社員を驚かせたそうです。

趣味は走ること。50歳の時からウォーキングを始め、1年後には鹿児島県指宿市で開催された「菜の花マラソン」でフルマラソンに挑戦されたそうです。

「50歳のとき体調を崩し、それから毎朝5時に起床し、大濠公園を歩くようになりました。月20回くらい続けると、1周(2km)走れるようになり、そのうち2周、3周と距離が伸びて、いつの間にか5周(10km)走れるようになりました。それでフルマラソンに挑戦したのですが、初めての挑戦で5時間を切るタイムで走り切ることができました」

ホノルルマラソンや東京マラソンにも出場し、今では年6回、フルマラソン大会に出場している三好社長。11月に開催される福岡マラソンにもエントリーされているそうです。

また、三好不動産といえば、年に一回、中央区の本社から東区の海の中道までの往復約40kmを一晩で歩く「ゴーゴーハイク」が有名です。もともとは2006年、創業55周年を記念して社内向けに始めたものだそうですが、数年前から取引先の企業や団体も参加するようになったそうです。ウォーキングに参加する社員、裏方に回って休憩所で炊き出しを担当する社員。全社一丸となって取り組む一大イベントです。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ