カエルの警告臭を研究 吉村友里さん(九州大学大学院博士課程)

今回は、九州大学大学院でカエルの天敵・シマヘビに対してツチガエルが発する「警告臭(warning odor)」(まずいえさ/有害なえさであることを示すシグナル)について研究している吉村友里さんにお話を伺いました。

Q)カエルの警告臭を研究しようと思ったきっかけは何ですか?

A)ツチガエルを捕まえるとくさいことを知り、どこからにおいが出ているのか、何故くさいのか疑問に思ったのがきっかけです。茶色で地味で小さなカエルなので、においという目に見えない何かが隠れているのかと思うと余計にわくわく思いました。

Q)なぜカエルに興味を持ったんですか?

A)もともとカエルは好きでしたが、夏の大合唱とか鳴き声でのコミュニケーションをするイメージが強いカエルが、においを出しているということに、面白さを感じ、においの効果を知りたいと思いました。予備実験で、野外で捕まえてきたシマヘビがツチガエルを食べなかったので、これは捕食者に対する警告に使われるシグナルなのではないかと思い、警告色ならぬ警告臭の存在を突き止めたいと思いました。

Q)「ヘビに見込まれた(睨まれた)カエル」といいますが、ヘビがカエルのにおいに警戒するんですね。ところで、実験用のカエルやヘビはどうやって調達しているんですか?

A)自分で捕獲しています。ちょっと田舎に行けば、水田や山間にカエルやシマヘビがたくさんいます。ヘビは気が付くとすぐに逃げるので、一秒も無駄にできません。見つけたと思った瞬間、とびかかり、素手で捕獲しています。論文にも「by hand」と書いていますが、今ではヘビやカエルを捕まえることが得意になりました(笑)。夏に毎日ヘビを捜している時期などは、自転車のワイヤーロックをヘビと見間違えたりと、周りから職業病と言われるほどです。また、飼育下で孵化もさせています。

Q)根気のいる研究と思いますが、失敗したことなどありますか?

A)いろいろありますよ。ヘビを捕まえるのに夢中で水路に落ちたり、水田の電気策にひっかかったり…。実験でツチガエルのにおいを嗅ぎすぎて、最近は、ツチガエルアレルギーになってしまいました。マスク無しではくしゃみと涙が止まりません。

Q)研究の結果、分かったことは何ですか?

A)ツチガエルのにおいの正体は、体表から出る皮膚分泌物のにおいであることがわかりました。咬みつくなどしてその皮膚分泌物が口内に付着すると、シマヘビは口を開閉させる独特の行動をとったり、エサを吐き出したりします。一方、皮膚分泌物のにおい自体には生得的な忌避効果はありませんでした(生まれたばかりのヘビは嫌がりません)。しかし、ツチガエルを咬んでも吐き出してしまう経験を通して、ヘビはツチガエルのにおいと吐き出す不快感を関連づけて学習し、においを嗅ぐだけでカエルに咬みつかなくなることがわかりました。つまり、ツチガエルのにおいが、有毒な生き物が持つ警告色のように、捕食者に対する警告シグナルとしての効果を持つことがわかってきました。

Q)4月からは九州大学(農学研究院)学術研究員として雇用される予定だと伺っています。今後、極めていきたい研究テーマは何ですか?

A)この皮膚分泌物のにおいがどのような成分で構成されているのか、化学分析を行って明らかにしたいです。そうすることで、他ににおいを出すことが既に知られている生き物のにおいと比較するなどして、警告シグナルとして使われるにおいの成分の共通性などカエルに限らずさまざまな生き物明らかにしていきたいです。

Q)未来の自分へのメッセージをお願いします。

A)2年前の夏、母が亡くなりました。母は私の研究をずっと応援してくれていて、誰よりも理解してくれた人です。母に恥じない研究者になりたい。研究を続け、警告臭の存在を証明したいです。

※吉村さんの研究が分かるセミナーが5/2に開催されます※

【「生物の謎に迫る!」~永遠の好敵手、カエルとヘビの特殊能力に迫る!~】

<日 時> 平成26年5月2日(金)19:00~21:00(18:45開場)

<会 場> BIZCOLI 交流ラウンジ (福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館)

<対 象> みなさま ※特に知識などは必要ありません。気軽にご参加下さい

<参加費> 500円

<定 員> 40名 (定員になり次第締め切り)

<主 催> 公益財団法人九州経済調査協会 BIZCOLI

<後 援> 福岡県  <協 力> 九州大学 産学官連携本部

問い合わせ:九州経済調査協会・BIZCOLI担当 祭城、瀬口、清水

TEL:092-721-4909

【サイエンスカフェ@ふくおかHP】

http://sciencecafefukuoka.jimdo.com/(近日第19回サイエンスカフェ情報をアップ致します)

facebook:https://www.facebook.com/ILCSEFURI

※情報は2014.3.29時点のものです

吉村友里さん

九州大学大学院システム生命科学専攻にて博士(理学)を取得。4月から九州大学(農学研究院)学術研究員。

 

福岡の好きなところは?
食べ物がおいしく、来客があっても自信を持って福岡らしいおもてなしができること。

中心地は都会ですが、少し車を走らせれば、自然がいっぱいあるところ。

関連タグ

この記事もおすすめ