“今闘えるアイドル”として活躍中の伊藤麻希さん

“今闘えるアイドル”としてアイドルとレスラーを両立させている伊藤さん。「アイドルよりもプロレスのほうが好き」と話す彼女に、プロレスの魅力、理想像などを伺いました。

伊藤麻希さん

伊藤麻希さん

アイドルなのにプロレスラーなんて!

DDTというプロレス団体の公演にLinQの一員として出たとき、DDTの髙木三四郎社長に頭突きをしました(笑)。そうしたらお客さんにすごくウケたんですよ。それで「プロレス、向いてるかも」と思って、本格的なチャレンジを決めました。私のモットーは「考えすぎずにしたいことをやってみる」なんです。

 

身体に負担がかかりそうですね。

もちろん、技をかけられたらすごく痛いですよ。あざもできるし腕とか首も太くなっちゃって……アイドルの衣装が着れなくなる寸前です(笑)。乗り越えなきゃいけない壁はいっぱいあるけど、それ以上に楽しいんですよ。アイドルグループの一員としてステージに立つと、私を見てくれる人はちょっとしかいません。でもリングの上はたった2人だけ。会場中のお客さんが私の動きに注目してくれるのが、気持ち良いんです。「いとうー!」という声援を聞くと、本当に力が湧いてきます。

 

どんなレスラーになりたい?

負けてもおもしろいレスラーです!もちろん勝ちたい気持ちは誰よりも持っています。だからこそ負けてもタダじゃ帰りません。マイクパフォーマンスにも磨きをかけます!

 

【最新情報はこちらでチェック!】

 

Profile

アイドル、プロレスラー/伊藤麻希さん

1995年7月生まれ。福岡を拠点とするアイドルグループ「LinQ」のメンバー。テレビへの出演などで知名度を上げ、2016年12月からはプロレスラーとしても活躍している。

 

※情報は2017.8.10時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ