2018年2月開催の福岡の祭り&イベントまとめ

  • 2018.1.31

2月の福岡のお祭り&イベントをご紹介します。

■2月3日(土) 節分厄除大祭

場所:櫛田神社(福岡市博多区上川端町1-41)

櫛田神社に高さ5.3メートル、幅5メートルの日本一のお多福面が登場。大きく開いた口の中を通ると商売繁盛や家内安全のご利益があるといわれている。節分厄除大祭当日(2月3日)は、能舞台から約30分おきに年男・年女が豆をまくイベントも。2018年は、歌舞伎役者の中村勘九郎さんと七之助さん、扇雀さんらが午前11時ごろから豆まきに登場。くまモンも午前10時半ごろと午後3時ごろから豆まきする予定。

※関連記事「櫛田神社に巨大『お多福面』!勘九郎や七之助、くまモンも豆まき参加」

■2月3日(土)~3月27日(火)いいづか雛のまつり

場所:旧伊藤伝右衛門邸など飯塚市内計18カ所

飯塚市の中心街や観光施設に約1万体のひな人形を飾る「いいづか雛のまつり」。旧伊藤伝右衛門邸の本座敷には、毎年テーマを変えて500体から800体の座敷雛が飾られるほか、おひな様の衣装で記念撮影できるコーナーも。各会場で開催期間が異なるので要チェック。

いいづか雛(ひいな)のまつり – 飯塚観光協会

■2月11日(祝・日)~4月3日(火)柳川雛祭り さげもんめぐり

場所:柳川市内の観光施設、商店街、各店舗

江戸時代、着物の残り布で作った子どものおもちゃなどを縁起物として、糸に通してつり下げたのが始まりとされる「さげもん」。昔から女の子が生まれると初節句に、ひな段と一緒に色とりどりの「さげもん」を飾り、盛大に祝う。期間中は、市内各所で「さげもん」を見ることができ、「おひな様始祭」「流し雛祭り」「おひな様水上パレード」などの催しも実施される。

柳川市公式ウェブサイト 2018年 柳川雛祭り ”さげもんめぐり”

■2月11日(祝・日)~4月3日(火)筑後吉井おひなさまめぐり

場所:うきは市吉井町一帯(白壁通りほか)

白壁土蔵の町並みが続く福岡県うきは市吉井町で開催される町歩きイベント「筑後吉井おひなさまめぐり」。江戸時代、有馬藩の城下町久留米と天領日田を結ぶ豊後街道の宿場町として栄えた同町のおひなさまの特徴は、庶民の暮らし向きを伝える「おきあげ」と「箱びな」。期間中は、「うきはスイーツめぐり」というパンフレットも発行しているほか、人力車乗車会も。

2018筑後吉井おひなさまめぐり(2月11日~4月3日)

■2月17日(土)~25日(日)ごろ 宮地嶽神社で「光の道」

場所:宮地嶽神社

年に2回、2月と10月だけ見ることができる宮地嶽神社(福岡県福津市)の「光の道」。JALのCMでも話題になった光景が、今年は2月17日から約1週間見られそうです。海に沈む夕日が参道の延長線上を照らす「光の道」。この機会をお見逃しなく!

※関連記事:「一度は見たい絶景!宮地嶽神社『光の道』見るチャンスは2月と10月!」

宮地嶽神社の公式サイトはこちら

■2月14日(水)まで 福岡タワーバレンタインイベント

場所:福岡タワー(福岡市早良区百道浜2-3-26)

バレンタインデーにちなみ、福岡タワーに大きなハート型のイルミネーションが点灯中。バレンタイン当日は、たくさんのカップルが結ばれるように願いを込めて特別点灯も行われる。展望室では、日本テレビ「月曜から夜ふかし」で人気となった投資家の「桐谷広人」さんと展望室で疑似デート体験ができるイベント「#桐谷さんと福岡タワーでデートなう」も開催中。

※関連記事「福岡タワーのバレンタイン企画☆ハートのイルミ&あの『桐谷さん』とデートも!?」

福岡タワーの公式サイトはこちら

■2月26日(月)~3月25日(日)さくらイルミネーション

■場所:JR博多駅前広場

SONY DSC

2014年と2016年に実施し大好評だったさくらイルミネーションが、この春、開業7周年を記念して再登場。JR博多駅前広場にさくらをモチーフにしたイルミネーションが咲き乱れる。昨年の光の街・博多で初登場した“LED SKY SCREEN”が今回も設置され、春の訪れを届けるイルミネーションを展開。点灯初日の2月26日(月)は点灯式も開催される。

JR博多シティの公式サイトはこちら

※情報は2018.1.31時点のものです

この記事もおすすめ