年末年始のお土産に♡福岡みやげの新提案!

 迷わず手に取れる定番のお土産もいいけれど、福岡ならではの逸品が集まったお店に出かけて、あれやこれやと悩むもまた楽し。そんな時間も合わせて楽しめる福岡みやげのおすすめです。

 クリスマスが終われば、お正月ももうすぐそこ。年末年始は久しぶりに友人や家族に会えるのはもちろん、来る新年のことを考える大切な時間でもあります。

創作達磨作家 ヤチコダルマの「ラーメンダルマ」2,268円

 福岡市中央区今泉にお店を構える「山響屋」には、縁起物の達磨(だるま)や九州の郷土玩具、民芸品が勢ぞろい。気さくな店主に相談しながら、大切な人や来年の自分へのプレゼントにも、福岡ならではの縁起あるお土産を選んでみてはいかがでしょう?

山響屋店主・瀬川信太郎さん

 「年末は山響屋にも、縁起物を求めてお客さんがたくさんいらっしゃいます。選び方のコツ?目が合ったものにしたらよかよ!」

◎イベント情報
愛らしい手づくりの縁起物が勢ぞろいする「縁起物市」。12/22(土)〜年始にかけて山響屋にて開催中!

山響屋(やまびこや)
住所:福岡市中央区今泉2-1-55やまさコーポ101
営業:11:00~20:00
電話:092-753-9402

 

お土産のあれこれ

★「お土産」の語源には伊勢神宮が関係する?

 「土に産まれる」と書いて“おみやげ”。語源には諸説ありますが、伊勢神宮への参詣に行った人が、地元へ帰る際に仲間の分の「宮笥(みやけ)〈神社などの配りもの〉」を買ったことから、これが語源になったという説があります。今も昔もお土産は、「誰かを思ってその土地ならではのものを買う」ところは変わらないんですね。

 ★今のお土産のトレンドは?

 近年のギフト市場ではお中元やお歳暮といったフォーマルギフトは減り、身近な人に日頃の感謝を伝えるカジュアルなギフトの需要が高まっているとか。贈る側と贈られる側が一緒に楽しむ「共有型ギフト」も増えているのだそうです。

 お土産もついつい定番モノに手が伸びてしまいますが、渡す相手と一緒に楽しめる映画のチケットや、一緒に足を運ぶプチ旅行のプレゼントなども楽しそうです。年末年始のお土産は、ひと味変わったものを選んでみませんか?

 

あげたい人で選ぶ! 福岡みやげ

<家族にあげたい>
◎久留米「井上らんたい漆器」のカラフルな丸箸

 クレヨンのようでポップな箸は、久留米の伝統工芸品「籃胎漆器」。竹を編み塗りを何度も重ねることで、耐久性が高く長く使えるそうです。 /井上らんたい漆器(久留米市小頭町6-23 ☎0942-39-5454)などで販売。

「丸箸」1,188円〜。色は約30種類も!

◎国民的詩人・白秋も飲んでいた柳川藩御用達の日本酒「潮(うしお)」

 柳川出身の北原白秋の生家である酒造家が造っていた日本酒。来年1月には白秋と音楽家・山田耕筰の人生を描いた映画『この道』も公開予定!/島田酒店(柳川市沖端町19 ☎ 0944-72-2231)ほか柳川市内全3店舗で販売。

「潮」720ml 純米吟醸2,099円、純米酒1,458円。映画も一緒におすすめしたい

<子供にあげたい>
◎BINGO BONGOのフクジャンTシャツ

 表のトラと「福」の文字、背中のイラストにまで福岡愛溢れるオリジナルTシャツはいかが? 店内の豊富な子ども用古着も必見です!/BINGO BONGO(福岡市中央区大名1-1-26 ☎092-716-2658)で販売。

「フクジャンTシャツ」両面プリント4,320円、 フロントプリントのみ3,780円。毎年人気のオリジナル商品です

◎1月のお祭り「バタバタ市」も一緒にいかが? 朝倉「ばたばた豆太鼓」

 朝倉市で毎年行われる、疱瘡除(ほうそうよ)けと子育て祈願の祭り「甘木バタバタ市」の郷土玩具をモチーフにした煎餅です。次の開催は来年の1月4、5日。子どもと足を運んでみては?/御菓子司 花房屋(朝倉市甘木1043-4 ☎0946-22-2603)などで販売。

「ばたばた豆太鼓」2枚入り×6袋 470円

<友達にあげたい>
◎3人の日本チャンピオンのコーヒーが楽しめるドリップバッグ詰め合わせ

 2014年のコーヒーの競技大会でチャンピオンとなった、西鉄沿線地域の3人の味と香りが楽しめるドリップバッグコーヒーです。1袋ずつプレゼントしても◎。/西鉄天神高速バスターミナルなどで販売。西鉄ステーションサービス(☎092-716-7441)

「ジャパンチャンピオンズコーヒー」4パック936円、20パック4,028円。チャンピオンの味を自宅で

◎ 飾っても吹いても楽しい津屋崎人形「モマ笛」

 くりっとした目が愛らしい、福津市津屋崎の「モマ笛」。モマ=ふくろうは「不苦労」として、縁起物とされてきました。飾ってもホ〜ホ〜と吹いても楽しい逸品です。/山響屋などで販売。

「モマ笛」小 1,080円。“不苦労”な1年に

 

ショップスタッフさんに聞いてみた! お店でよく選ばれているお土産

 福岡ならではのお土産を扱うショップでは、今、どんなお土産が人気? 西鉄沿線地域のアンテナショップ「西鉄縁線駅みやげ」のショップスタッフさんに、選び方のコツも教えてもらいましょう!

ショップスタッフ・須崎摂子さん

 「西鉄縁線駅みやげ」では、地元で愛されているお菓子や老舗が作る調味料、加工品、お酒などを取り扱っています。特に人気なのは、量もたくさん入っていて手軽に食べられる、かりんとうなどのお菓子ですね。初めてお会いする方には、あまり好き嫌いがなく、賞味期限が長いものがおすすめですよ。福岡らしさもしっかりと伝わるものを選ぶのがベストです!(須崎さん)

みやま市「江の浦海苔本舗」のふりかけと佃(つくだ)煮

 鯛・梅・明太子の3種のふりかけは、一緒に食卓を囲む家族へのお土産にぴったり。イラストが描かれた小さな包みは、当たり付きの海苔の佃煮です。作り手の遊び心も詰まった一品。

「のりかけ」鯛・梅・明太子各種 391円、 「手ちぎり海苔の浅炊き佃煮」391円

久留米市「久留米黒棒本舗」のえんどう豆かりんとう

 入荷してはすぐ品切れになってしまう人気商品。九州ではおなじみの「黒棒」を思わせる甘い黒砂糖蜜がかかっており、どっしりとした味わいかと思いきやノンフライで軽い口当たりです。

「えんどう豆かりんとう」 388円

久留米市「Nao’s Company」の「寿司ガム」

 一口サイズの可愛いお寿司(すし)の形をした、手作りチューインガム! 子どもへのお土産にもおすすめです。季節モノのサンタガムや雪だるまガムなども、店頭で探してみてくださいね。

「寿司ガム」 216円

 

Information

西鉄縁線駅みやげ
住所:西鉄福岡(天神)駅北口外コンコース内(福岡市中央区天神2-11-2)
営業:9:30~20:30
電話:092-716-7441

※情報は2018.12.20時点のものです

この記事もおすすめ