受験対策シリーズ2018①進む大学のグローバル化

2018年に入り、いよいよ本格的な大学受験のシーズンが始まります。

ご家族や親類のみなさんも落ち着かない日々を過ごしているのではないでしょうか?

ここでは、大学の「いま」についてご紹介します。

 

◆進む「大学」&「学び」のグローバル化

2013年、日本の経済再生を掲げ、国は成長戦略『日本再興戦略~JAPAN is BACK』を打ち出しました。その中に盛り込まれたのが「日本の若者を世界で活躍できる人材に育て上げる」とするプランです。

 具体的には、

「学校の世界標準化」「留学機会の拡充」などに取り組み、2020年までに海外からの留学生受け入れ30万人(2016年は約24万人)、日本の大学生の海外留学12万人(2010年は約6万人)の達成を目標としています。

 

◆国際感覚を磨く

 

 例えば文科省が2014年から実施している「スーパーグローバル大学創成支援事業」。

大学改革や国際化を推進し、グローバル人材育成強化をすすめる大学を重点的に財政支援するもので、対象大学は世界レベルの研究を行う「タイプA」、日本のグローバル化を牽引する「タイプB」の2種類に分かれています。一般公募により選定が実施され、全国の国公私立大計37校が「スーパーグローバル大学(SGU)」として選出されています!

 各SGUではそれぞれに国際感覚を養うためのユニークな取り組みが行われていますが、共通するのは「日常的な異文化体験」。外国籍の教員や学生の増員により、日本人の学生たちは多様な言語や文化、習慣、価値観などに触れる機会がこれまで以上に増えています。また、各校ともに英語での授業やプレゼンテーション、ディスカッション、レポート執筆などを行う割合が高まり、より実践的な英語を身につけられる環境が整いつつあります。

 

受験生のみなさんも大学合格の次の目標として「日本代表」を目指しましょう!

 

 ◆大学紹介

九州産業大学 西南学院大学 久留米大学 福岡大学 福岡女学院看護大学

駒澤大学 日本大学 純真学園大学

 

資料提供/河合塾

より詳しい情報は大学入試情報サイトへ

Kei-Net  http://www.keinet.ne.jp/index.html

 

※情報は2018.1.12時点のものです

この記事もおすすめ