東京五輪開幕まで3年使える!『毎日いい漢字・破らない日めくりカレンダー』

東京五輪が開催される2020年まで最大3年間使用できる「破らない日めくりカレンダー」が販売されています。カレンダーには、1日1字の筆文字漢字(366字)が添えられ、東京五輪まであと何日かを記載。漢字一文字を表す英単語もあるので外国人への贈り物にも喜ばれそうです。

制作したのは、福岡県筑豊地区の出身者でつくる「共同ポケット」(本部・田川市)。共同ポケットのメンバーで書家の青木美香さんが選んだ漢字と、前向きで明るい炭鉱町の気質を表現した一言田川弁も同時に楽しめます。

田川市は、明治期から日本の近代化の原動力であった石炭を全国出炭量の半数以上掘り出していた歴史ある炭鉱町。2011年には地元に残る山本作兵衛氏の炭鉱記録画が日本で初めての世界記憶遺産に認定され、話題となりました。

カレンダーは、「ふるさとの文化や日々の記憶を意識できる商品を」という思いで制作。また、最初の東京五輪が開催された1964年は、三井田川鉱業が閉山を迎えた年でもあることから、「どん底から這い上がり明るく生きた人々の言葉を日々の漢字とともに表現したい」という思いで誕生したそうです。

東京五輪開幕までを意識しつつ、力強い漢字や前向きな言葉に背中を押されるカレンダー(3300円・税抜)。地元の書店や市役所売店、観光協会のほか、インターネット通販のアマゾンでも発売されていますので、ぜひチェックしてみてください!

問い合わせは共同ポケット:090-5085-1793

bluetreeplan2013@gmail.com

※情報は2018.1.18時点のものです

この記事もおすすめ