広瀬アリス主演『巫女っちゃけん。』ロケ地・福岡で1/20に先行上映!

広瀬アリスさん主演の映画『巫女っちゃけん』が2月3日、全国公開されます。舞台は、福岡県福津市にある宮地嶽神社。全国公開に先駆け、ロケ地・福岡では1月20日(土)から先行公開され、中洲大洋映画劇場(福岡市博多区中洲)では、20日午前10時の本編上映後、広瀬さんと山口太幹くん(子役)、グ スーヨン監督の舞台挨拶も実施されます。

『巫女っちゃけん』は、広瀬さん演じる暴力巫女のレッテルを貼られた夢も希望もない主人公が、口の効けない一人の少年(どーしようもない悪ガキ)と出会い、成長していく物語。家族とは?親子とは?自分とは?人生とは―? 忙しい日常の中で、忘れかけてしまっているそんな大事なことをふと思い出させてくれるようなストーリーとなっています。

1月19日に福岡市で開かれた記者会見で、グ スーヨン監督は「誰が悪いというわけではないけれど、児童虐待はじめ家族や親子の間に起きる現代社会の問題を見ていて、もうちょっとうまくやっていく方法はないかと思っていた。神社という非日常を舞台にした映画だからこそ、そうした問題に注目し、何とかならないかという願いを込めて企画した」と話していました。

グ スーヨン監督

グ スーヨン監督

広瀬さんは、暴力的な一面がある巫女という今までにない役柄に挑戦していますが、「明るく元気な女の子を演じることが多い中、今回の作品では自分のイメージを崩せるのではと思った。ロッカーを蹴ったり、『ババア』と言ったり、そんなシーンをやったことはないけれど、殻を破って今までにない自分を表現できたのでは」と振り返っていました。見どころは「ラーメンを食べているときの足」だとか。ぜひ注目してみてください。

広瀬アリスさん

広瀬アリスさん

舞台となった宮地嶽神社は、年に2回現れる「光の道」でも有名ですが、2人とも「その広さと美しさ、歴史に圧倒された」とコメント。映像美も注目の作品となっています。

福岡の人にとっては馴染み深い風景や言葉がいっぱいの話題作。ぜひお楽しみください!

『巫女っちゃけん。』
■監督:グ・スーヨン
■キャスト:広瀬アリス、山口太幹、仁村紗和、川津明日香、MEGUMI
■配給:スリーパーエージェント
■上映時間:98分
© 2017「巫女っちゃけん。」製作委員会
映画公式サイトはこちら

※情報は2018.1.19時点のものです

この記事もおすすめ