笑いと狂乱の青春グラフティ☆映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」3月公開!

母親が隣家の若い男とダイナマイト心中!という、まるで嘘のような実体験を持つ稀代の雑誌編集者・末井昭が綴り、1982年に刊行されて以来、時代を超え、版を重ねている自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」が、ついに映画化!3月17日(土)、中洲大洋で公開されます!

数奇な運命を背負った雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフティを、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した話題作。ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた末井青年が辿り着いた先は―。昭和後期のアンダーグランドカルチャーを牽引した伝説の雑誌編集長の青春グラフィティに乞うご期待です!

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

<STORY>

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井昭は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。
肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家のひとり息子と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!心中したのだ――。
末井はその後上京し、キャバレーの看板描き、イラストレーターを経て、小さなエロ雑誌の出版社へ。編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊する。奮闘する日々の中で、荒木経惟に出会い、さらに南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら錚々たる表現者たちが末井のもとに参集する。発禁と創刊を繰り返し、「ウィークエンド・スーパー」、のちに伝説となる「写真時代」など、数々の雑誌を世におくり出していく…。

2018年3月17日(土)全国ロードショー! 

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子 ほか
監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊
音楽:菊地成孔 小田朋美
配給:東京テアトル
2018/日本/138分/R15+
公式HPはこちら

(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

※情報は2018.1.31時点のものです

中洲大洋映画劇場

住所福岡市博多区中洲4丁目6-18
URLhttps://www.nakasu-taiyo.co.jp/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ