一風堂、台湾東部地震復興支援に「替玉募金」実施【2/14】

2月7日に発生し大きな被害をもたらしている台湾東部地震の一日​も早い復興を願い、ラーメン専門店「一風堂」の国内84店で2月14日(水)、注文された麺の替玉の売上全額を寄付する「替​玉募金」が実施されます。

想いを届ける日「バレンタイデー」に、一風堂が来客とともに台湾の被災地へ想いを届ける企画。東日本大震災のときも、熊本地震のときも、震災発生時に台湾から寄せられる義援金は各国最多ともいわれています。いろいろな支援の方法がありますが、ラーメン好きの方、2月14日は「替玉募金」に協力してみませんか。

一風堂による替玉募金の概要

開催日:2018年2月14日(水)

対象:日本国内の「一風堂」84店 
※キュービックプラザ新横浜店、 JR静岡駅店、 JR浜松駅、 名古屋驛麺通り店、 フードコート専門業態のIPPUDO RAMEN EXPRESSは対象外

内容:替玉(130円)、 小玉(80円)の売上全額を台湾東部地震の義援金として寄付

寄付先:各店からの替玉売上額の集計後、 福岡市の台湾地震義援金口座に振り込み予定

※情報は2018.2.13時点のものです

この記事もおすすめ