『レッド・スパロー』ジェニファー・ローレンスが仕掛けるスパイ映画史上最大の誘惑!

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

全世界で空前のメガヒットを記録した、超人気シリーズ「ハンガー・ゲーム」のフランシス・ローレンス監督が、ジェニファー・ローレンスと再びタッグを組んだ映画『レッド・スパロー』。原作は、33年間CIAで工作員として活動したジェイソン・マシューズが自身の経験を基に書いた衝撃のベストセラー。持ち前の美貌と頭脳を武器に戦う女スパイ〈スパロー〉の活躍と、国家を揺るがすハニートラップをリアルに描きます。全米大ヒット中の本作が、いよいよ日本でも公開。3月30日(金)ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、T・ジョイ博多 ほか全国ロードショー。見る者に待ち受ける衝撃の罠――。お楽しみに!

病気の母を守るため、意思に反してロシアの諜報機関の訓練施設に送られ、一流の〈スパロー〉へと仕立て上げられたドミニカ(ジェニファー・ローレンス)。敵国アメリカのCIA局員に近づくミッションを命ぜられ、従うことを余儀なくされます。CIA局員ネイト(ジョエル・エドガートン)と出会い、着々と任務を遂行する中で、事態は思わぬ展開に。敵国アメリカのみならず祖国ロシアからも狙われ、、追い詰められていくドミニカがとった決断とは…?
彼女の仕掛ける心理戦と誘惑に、観ているあなたもきっと操られ、騙されるのは確実。セクシーでパワフル、そして謎めいたジェニファーの姿に目を奪われるのはもちろん、しかしそれ以上に過酷な運命の中で貫き通そうとする信念。そんな彼女の“強さ”に惹きこまれる作品です!

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

【ストーリー】
バレリーナの将来が怪我のために絶たれたドミニカ・エゴロフ。病気の母に治療を受けさせるためにロシアの諜報機関の訓練施設に送られる。そこは、ハニートラップと心理操作を武器としてミッションを遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関だった。持ち前の美貌と頭脳で、ドミニカは望まないながらも、一流の<スパロー>へと仕立て上げられる。彼女に最初に与えられたミッションはアメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すこと。しかしその任務は、ドミニカを想像も超える運命に導き、彼女は敵国アメリカのみならず、祖国ロシアからも狙われることに……。
大国間の裏舞台での陰謀と欲望が渦巻くストーリーは、信じがたい結末へ――。

『レッド・スパロー』
■監督:フランシス・ローレンス
■キャスト:ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズほか
■配給: 20世紀フォックス映画
2017/アメリカ/140分/R15+
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
【映画公式サイト】http://www.foxmovies-jp.com/redsparrow/

※情報は2018.3.19時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ