福岡発のわな猟漫画2巻が発売!

福岡県在住の緑山のぶひろさん作の漫画『罠ガール』2巻が7月末に発売されました。

作者は自ら農業に携わり、畑を荒らす野生動物たちの姿を見てきました。その経験から知った、農作物を守る猟師や農家の鳥獣対策の“今”を漫画で伝えたいといいます。

わな猟免許を持つ女子高生たちの狩りをリアルに、ほのぼのと描いています。

主人公は田舎の高校に通う女子高生の朝比奈千代丸。自身や友人が育てる農作物を守るためイノシシやシカ、タヌキなどを「くくりわな」や「箱わな」を使って捕獲していきます。捕まえた動物を解体して実際に食べることで、命の大切さを学ぶエピソードも。

2巻では千代丸たちがカラスの捕獲に取り組み、成長を見せます。

 

『罠ガール』2巻
著者/緑山のぶひろ
出版/株式会社KADOKAWA
定価/626円 B6判、162ページ

※情報は2018.8.9時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ