母の日のプレゼントに。プロカメラマンによる撮影はいかが【生活の窓口】

 西日本新聞が運営する、暮らしとお金の相談窓口「ライフコンシェルジュ 生活の窓口」が、母の日の企画を提案します。

生活の窓口「笑顔のお母さん撮影」チケット企画
~母の日に贈る最高のプレゼント~

 子どもの頃を思い出してください。「肩たたき券」や「お手伝い券」を手作りして、母の日のプレゼントを贈ったことがありませんでしたか。日頃はなかなか感謝の気持ちが伝えられないお母さんに、「写真館での撮影」チケットをプレゼントして、お花やお手紙でも伝えきれない気持ちを表現してみませんか。

 写真館で体験するプロのカメラマンによる撮影は、よい思い出にもなり、最高の笑顔になってもらえる瞬間です。この写真を家族やお孫さんに自慢することはもちろん、遺影として大切に残しておくこともできます。最近では、元気なときに撮影して、遺影として準備する人も増えています。

 一人でも、夫婦でも、家族でも撮影可能です。ぜひこの機会に、プレゼントしませんか。

「笑顔のお母さん撮影」チケット企画
期間:5月11日(土)~6月30日(日)
撮影場所:杉田写真館 [1]博多区上川端町、[2]南区大橋
チケット料金:[1]税込み9,720円(1枚)[2]16,200円(2枚)
申し込み方法:1.応募者氏名、電話番号2.撮影者氏名、住所、電話番号3.撮影場所、希望日時(3つ)4.料金は応募者が先に銀行振り込み、または生活の窓口店舗(天神または博多マルイ3階)での店頭払い。入金確認後にプレゼントを受け取る人にチケットが郵送されます。
申し込み締め切り:6月24日(月)
申し込み・問い合わせ:西日本新聞 ライフコンシェルジュ 生活の窓口
電話:092-752-8150(平日10:00~17:00)
FAX:092-752-8151(24時間受け付け)
Eメール:mado@nishinippon-np.jp
※寄せられた個人情報は、生活の窓口事業にのみ使用します。

※情報は2019.4.24時点のものです

この記事もおすすめ