不登校の不安や悩みを抱える家庭と共に歩む通信制高校【精華学園浦添校】

 「まさかうちの子が」「なんとなく気付いていたけれど」…。

 ある日から何かが変わった子どものスクールライフに家庭だけで悩んでいませんか。

 便利で暮らしやすい社会になったといわれているのに、生きづらさや居づらさを強く感じ、中学校や高校生活になじめず立ち止まってしまう薄いガラスのような心。「できない自分自身」への自問自答を繰り返したり、戸惑いを覚えたりしている子どもにどう対処すればいいのでしょうか―。

 その解決策の一つとして「通信制高校」という選択肢があります。

通信制高校なら自分のペースで無理なく学べる! だから不登校はない!

 通信制高校とは、「通信での教育」を基本とする高校です。
 全日制の学校と違って、登校日数で評価をされることはありません。
 スクーリングという登校日はありますが、毎日通学する必要はなく、自分のペースで学べるのが特徴です。レポートを提出してテストを受け、単位を修得していきます。

 自由な時間を活用して、興味のあることに時間を多く使えるのも魅力です。卒業する際には、全日制高校や定時制高校と同じ「高等学校卒業」になります。

精華学園高等学校浦添校は、毎日通わなくても高校卒業に!
 沖縄県浦添市にある精華学園高等学校浦添校は、通信制の高校です。

 履修科目は在宅でも学校でも学習でき、個別スクーリングも可能なので、さまざまな事情で通学が難しい生徒でも大丈夫。一人一人に合わせたカリキュラムで高校を卒業することができます。

 通学日数に左右されることなく勉強ができて、評価も受けられるので、「不登校」という言葉が存在しません。「通わなければいけない」ストレスから解放され、「受け入れること」を前提とした指導によって「認められ、承認欲求が満たされた」子どもたちは、「やる気」をみなぎらせ、それぞれの進路に向かってさまざまな学習に楽しみながら取り組んでいます。

 AIを活用した個別学習、スカイプなどの遠隔授業など、“自分スタイル”の学びを応援する環境も充実しています。保護者との連携体制、発達障がいへの理解やサポート体制が整っているのも大きな特長です。

就職も、大学・専門学校進学も、起業も。一人一人の「なりたい自分」をサポート

 就職、進学、起業の進路指導など、生徒の将来に向けたサポートが丁寧なことも同校の魅力です。
 就職を希望する生徒には、一般教養や適性試験の対策を実施し、履歴書の書き方や面接を指導。大学・専門学校進学希望者には、生徒の個性や希望に合う学校を個別指導し、志望校合格をバックアップ。集団が苦手な生徒には、起業も視野に入れつつ、自分を磨いて「なりたい自分」を創るようアドバイスするなど、きめ細やかな指導が好評です。

週1~5日の通学スタイルで学ぶ「目標リサーチコース」「専門チェイスコース」も

 同校にはその他、通学課程の「目標リサーチコース」「専門チェイスコース」もあります。両コースとも、通学のスタイルは週1~5日で自由に選択可能です。

 「目標リサーチコース」は、「これからやりたいことを探したい」という生徒向け。自分のペースで高校科目の個別指導と専門科目のトライアル授業に参加しながら、夢探しができます。

 「専門チェイスコース」は「興味のあることをとことん追求したい」という生徒にぴったり。各業界で活躍するスペシャリストから専門科目を学ぶことができます。

 子どもたちの個性に合わせて、学びのスタイルはさまざま。選択肢が多様な精華学園高等学校浦添校について、詳しくはホームページへ。

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

【PR】学校法人山口精華学園 精華学園高等学校 浦添校

※情報は2019.7.18時点のものです

学校法人山口精華学園 精華学園高等学校 浦添校

住所沖縄県浦添市城間1-32-7 ハロービル2階
TEL098-874-1234
FAX098-870-4134

この記事もおすすめ