福岡オープントップバス「ホークスコラボツアー」お披露目会レポート

 福岡オープントップバスの新ルート「ホークスコラボツアー」の運行が決定。11月26日(火)からスタート、期間限定で運行されます。そのお披露目会が10月21日に行われました。

 

ヤフオクドームにメディア関係者が集合

 当日、ヤフオクドーム(福岡市中央区)にたくさんのメディア関係者が集まりました。

オープントップバスがドーム内に!

 外野フェンスの扉が開き、オープントップバスが登場!

珍しい光景にどよめきが

 野球場のグラウンドにバスが乗り入れるという前代未聞の光景に、報道陣からもどよめきが起こります。

いざ、出発!

 記者会見に引き続き、試乗会が行われました。
 この日はヤフオクドーム周辺をひと回り。本来は福岡市役所発着で往路は福岡都市高速経由、復路は大濠公園―福岡城址―けやき通りを通過します。

この日はヤフオクドーム周辺を試乗

  バスはヒルトン福岡シーホークを通過して九州医療センター前からヤフオクドーム内へ。

ドーム内に入っていくと…

 頭上に天井が迫るスリル感を味わいながら進みます。

「天井に手が付きそう!」

 そしていよいよ、ホークスの応援歌「いざゆけ若鷹軍団」が鳴り響くグラウンド内へ!

グラウンド内へ

 オープントップバスの座席から眺めるとヤフオクドームの大きさがより鮮明に感じられます。

眺めは最高です

 コースにはベンチ、ブルペン、プレスカンファレンスルームを巡る「バックヤードツアー体験」も付いています。

選手が座っているベンチを見学

ブルペン

ここで記者会見が開かれているんですね

 年内の運行は11月26日(火)、27日(水)、28日(木)、29日(金)、30日(土)、12月1日(日)、2日(月)、18日(水)の8日間、各日3本ずつの予定です。チケットは10月26日(土)から発売されます。
 オープントップバスとヤフオクドームの魅力が存分に味わえる期間限定企画です。ぜひ体験してみてください!

 

福岡オープントップバス「ホークスコラボツアー」
実施日:11月26日(火)、27日(水)、28日(木)、29日(金)、30日(土)
   12月1日(日)、2日(月)、18日(水)
チケット販売:10月26日(土)~当日出発1時間前 ※乗車日の1ヵ月前から予約可能
料金:大人 税込み2,870円、4歳~小学生 1,390円
※3歳以下は乗車不可
問い合わせ:FUKUOKA OPEN TOP BUS:西鉄お客さまセンター
電話:0570-00-1010(6:00~24:00)
詳しくは九州バスネットワークポータルサイトで確認を

 

※情報は2019.10.24時点のものです

福岡オープントップバス「ホークスコラボツアー」

TEL0570-00-1010 (FUKUOKA OPEN TOP BUS西鉄お客さまセンター6:00~24:00)

西山健太郎

1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに、福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行う非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。西日本新聞社のアート情報サイト・ARTNE(アルトネ)でのアートイベントレポート・若手アーティストインタビューやリビング福岡ウェブサイトでの“福岡の美しい日常風景”をテーマにした写真コラム「福岡風景/Fukuoka View」の連載など、独自の切り口で情報発信を続けている。

この記事もおすすめ