福岡空港に金シャチ! 名古屋武将隊が「お披露目セレモニー」

 中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)と福岡国際空港(福岡市博多区)は、坂角総本舗(名古屋市)と連携して、名古屋城の金シャチ実物大レプリカを11月14日~12月16日(月)の期間中、福岡空港 国内線旅客ターミナルビル1階に展示しています。
 これを記念して11月14日、福岡空港で「名古屋おもてなし武将隊による金シャチお披露目セレモニー」が開かれました。

金シャチお披露目セレモニーが開かれました

金シャチお披露目セレモニーが開かれました

 セレモニーでは、名古屋城を拠点に活動をしている「名古屋おもてなし武将隊」の徳川家康と踊舞が登場し、躍動感のある殺陣(たて)で華麗な刀さばきを披露しました。
 徳川家康による「金シャチキャラバン、いざ出陣!」の合図を受けて一行が「おー!」と叫んでこぶしを掲げると、高さ3m、重さ100kg、そして24金の金ぱくが1,800枚あしらわれた「金シャチ」のレプリカがお目見えしました。

拳を掲げ 「えいおー えいおー えいおー !」と声を合わせた勝鬨 と声を合わせた勝鬨 と声を合わせた勝鬨

拳を掲げ 「えいえいおー !」と声を合わせて

 徳川家康は「この金シャチは、1984年に開催された名古屋城博の収益金をもとに制作されたのじゃ」と金シャチのレプリカについて説明。続いて、金シャチが飾られている「名古屋城」についても紹介しました。

 「名古屋城には、10年間の歳月と150億円もの資金で建てられた本丸御殿なる宝がある。これは江戸時代に将軍が京に上る際に立ち寄る宿泊施設であった。ゆえに、とても豪華でありながら、ほとんど使われることのなかった建物じゃ。中部国際空港セントレアで名古屋に訪れた際には、ぜひ名古屋城と本丸御殿を見てほしい」と訴えました。

 現在、中部国際空港セントレアと福岡国際空港は1日13便の直行便で結ばれています。イベントの最後は、名古屋と福岡の明るい未来を願い、拳を掲げ「えいえいおー!」と声を合わせた勝鬨(かちどき)でセレモニーは幕を閉じました。

名古屋土産として定番の海老せんべい「ゆかり」をプレゼント!
 お披露目セレモニー終了後には、徳川家康と踊舞から、福岡空港を訪れていた観光客などに、名古屋市土産として定番の坂角総本舗の海老せんべい「ゆかり」がプレゼントされました。

 セレモニーを見ていた女性は「名古屋には一度行ったことはありますが、こんなに間近で金シャチを見ることはなかったので新鮮です! さらに大きく、迫力が感じられますね」と話しました。また、集まった子どもたちは、初めて見る金シャチに興味津々でした。

 12月16日(月)までの展示期間中、金シャチの写真を撮影して同ビル1階案内所(北)でその写真を見せると、「ゆかり」がプレゼントされますので、お見逃しなく。

金シャチと記念撮影すると

金シャチと記念撮影すると

「ゆかり」がもらえますよ!

「ゆかり」がもらえますよ!

 福岡空港に、実物大の名古屋名物を撮影しに行ってみませんか?

福岡空港内設置「名古屋城 金シャチ」
期間:~12月16日(月)
場所:福岡空港 国内線旅客ターミナルビル1階(福岡市博多区下臼井778-1)
問い合わせ:中部国際空港「金シャチお披露目セレモニー」PR事務局(アンティル内)
電話:03-5572-7375

※情報は2019.11.20時点のものです

中部国際空港「金シャチお披露目セレモニー」

住所福岡市博多区下臼井778-1
TEL03-5572-7375

この記事もおすすめ