魅惑のアコースティックデュオ 「さえずりな夜」ライブ開催!

 “カリブの音色”スティールパン奏者の山村誠一さんと、ブラジリアン7弦ギター奏者の山田やーそ裕さんとのアコースティックデュオさえずりな夜」1st.アルバムリリース記念のライブが12月14日(土)、カフェ「alikwa(アリワ)」(福岡市西区)で開かれます。

ダミーですチラシ画像

ダミーですチラシ画像

 アルバム「VAMOS PARTIDA」には、 パンのメロディーにギターアンサンブル中心のメローなサウンドから、ギターと打楽器による即興の醍醐味満載の曲、情景を奏でる曲などオリジナル9曲が収録されています。
 タイトルはポルトガル語で VAMOS=「行こう」とPARTIDA=「出発」を並べた言葉。 初共演から20年余り、多くのセッションで培った音で旅する珠玉のアルバムです。

 2人のセッションが“さえずる”楽しい一夜を体験してみませんか?

<プロフィル>
山村誠一 (steelpan、percussion)
 学生時代フルバンドで saxを吹き、1980年代ラテン系パーカッショニストとして活動、90年代からスティールパンに着手し、マルチ奏者・作曲家として現在にいたる。 リーダーバンド、ソロ含む過去13枚のCDをリリース。ギターの押尾コータローとの DUO アルバムも。劇団四季「ライオンキング」大阪公演に楽師として出演。 コンサート活動の傍らRKC高知放送のTV番組にレギュラー出演など、演奏のみならず幅広く活動している。
 
山田やーそ裕(7strings guitar)
 低音に1弦多いブラジルの7弦ギターを駆使し、コードとベースラインとメロディーを自由に紡ぐ魅惑のギタリスト。ブラジル音楽に精通し、国内外の名プレイヤーとの共演 も多数。2003年と 07年にブラジルへ渡り、ライブやレコーディングなどで ブラジル人と音を交える。’12年にはスペインに渡り、自身が 参加するバンド「7sonora」で初のフルアルバムを、現地で活動するキューバ人とコラボ制作するなど、活動は多岐にわたる。

 

1st.アルバム「 VAMOS PARTIDA 」ツアー2019
日時:12月14日(土) 開場18:30、開演19:00
場所:alikwa (福岡市西区小戸3-40-8)
料金:予約2,500円、当日3,000円 ※税込み、別途要ドリンクオーダー
問い合わせ約:alikwa
電話:0928828822
メール予約:botamochi44@softbank.ne.jp 
※件名に12/14 さえずりな夜」 、本文に名前人数を記入

※情報は2019.12.3時点のものです

1st.アルバム VAMOS PARTIDA ツアー2019 第4弾 12月14日(土)福岡@alikwa (アリワ)

住所福岡市西区小戸3-40-8
TEL電話:092-882-8822(アリワ)

この記事もおすすめ