このグラスで飲みたい!匠の技シリーズ 日本酒を楽しむための有田焼が誕生!

2005年の「至高の焼酎グラス」を皮切りに、徳利と盃、ビアグラス、カレー皿、シチューボウル、お茶漬け碗などシリーズを開発している「匠の蔵」から、日本酒を楽しむ有田焼の器ができました!その名も「SAKE GLASS」。形状にあわせて「淡麗」と「濃醇」の2種類があります。

反りの「淡麗」

反りの「淡麗」

丸形の「濃醇」

丸形の「濃醇」

反りの「淡麗」は、香り豊かな吟醸酒に、丸形の「濃醇」は、こくとうま味の強い純米酒などに最適な形になっています。ぐい呑みより大きいサイズで、冷酒や常温の日本酒が楽しめます!

染桜

染桜

皇帝龍

皇帝龍

400年の歴史を持つ有田焼の新しい器で、好きな蔵の新酒と一緒に、日本の春をお楽しみください♪

※情報は2015.2.5時点のものです

有田観光協会

住所佐賀県西松浦郡有田町岩谷川内2-8-1
TEL0955-43-2121
FAX0955-43-2100
URLhttp://www.arita.jp/

この記事もおすすめ