留学生が地域の“宝”再発掘!大分・宝泉寺温泉PR動画

立命館アジア太平洋大学(APU)の学生たちによる大分県九重町の宝泉寺温泉のPR動画が公開されました!

留学生を基軸とする発信プロジェクト「ディスカバー宝泉寺プロジェクト」の一環。プロジェクトは、「第三者の視点から宝泉寺温泉の宝を発掘したい」という宝泉寺温泉旅館組合(矢野敏朗組合長)の依頼で発足し、日本人学生と留学生、ブランド戦略および映像情報発信の専門家がタッグを組んで動画やSNSを通じて宝泉寺温泉の魅力を発信。学生、留学生といった“外からの視点”で地域の宝を見つめなおしたストーリー性のある動画となっています。

プロジェクトメンバーは、同大学4年生の羽尾崇さんをはじめ、台湾やベトナム、韓国出身の留学生ら計7人。それぞれの目線で宝泉寺温泉を見つめなおし、各言語でその魅力を記事にまとめ、プロの映像プロデューサー監修の下、1月9日、アジア各国で共感されやすい「女子旅」をテーマに撮影が行われました。

映像は約4分間で、台湾とベトナムの女子学生2人が旅を通じて“自分に向き合える場所”“思いを整える場所”として宝泉寺温泉の魅力を伝える内容。学生代表を務める羽尾さんは「留学生の視点で日本人では見つけることができない日本の良さを再発見することができました」とコメント。参加したベトナム出身のMinh Tu Pham(ミン・トゥ・パム)さんは「自然のぬくもり、ゆっくりと流れる時間、人の優しさが溢れる宝泉寺に温泉は優しい気持ちになれる。ぜひ足を運んでみてください」と話していました。

コンビニの灯りひとつない夜も宝泉寺温泉の魅力です。

コンビニの灯りひとつない夜も宝泉寺温泉の魅力です。

Dicober HousenjiのFacebookはこちら⇒★★★

多言語対応ブログhttp://for1993.wix.com/e-discover-housenji

 

※情報は2016.2.17時点のものです

この記事もおすすめ