泥臭さに生きる戦士 ホークス中村晃選手×fumika「FIGHTER」スペシャルコラボMV

福岡ソフトバンクホークスの中村晃選手と福岡市出身の歌手fumikaさんの共通点―。それは、「泥臭さに生きる戦士」ということ。そんな2人がスペシャルコラボしたMV「FIGHTER~泥臭さに生きる戦士 中村晃篇~」が完成しました。

fumikaさんは、オーディションで「1万人の頂点」として輝かしくデビュー。目が覚めるような透き通ったその歌声は数々の伝説を作ってきましたが、メジャーデビューしてからは決して順風満帆とはいえず、自ら“複合施設での活動”という、ある種の“ストリート”に降り立った過去を持っています。メディアの力に頼らず、目の前に通りすがる人をどれだけ掴むことができるのか? そんな過酷な勝負で自分を試すことを、周りの目や誹謗中傷を振り払うかのごとく挑んたfumikaさんは、年に180公演を行う過酷な“下積み”活動から、地元福岡では知らない人はいない、という所まで、どん底から歌一本、自力で這い上がってきたアーティストです。

今季プロ10年目を迎える福岡ソフトバンクホークスの中村選手も、fumikaさんと同じく、どん底から自力で這い上がってきたアスリートの一人。高校時代は強豪の帝京で4番を打ち、高校通算60本塁打という輝かしい実績をもって2007年に高校ドラフト3巡目でホークスに入団。プロでは自慢の長打を捨て、打順も守備も固定されない中、コツコツと安打を放つアベレージヒッターへ打撃スタイルを変え、12年からレギュラーに定着しました。

アーティストとアスリートの違いはありますが、泥臭く努力し続ける2人の姿勢は共通しています。

fumikaさんの曲を初めて聴いた時、そのうまさに心を揺さぶられたという中村選手は、昨年まで「ドアの向こうへ」を登場曲に使用。シャイな性格でオフのバラエティ番組出演などは頑なに断る中村選手が、今回、今季使用する「FIGHTER」のスペシャルコラボMVに出演した背景には、“泥臭さに生きる戦士”として互いに認め合う熱い気持ちが込められています。

諦めず、戦い続けるすべての人にエールを送るコラボ動画。ぜひご覧ください。

※情報は2017.4.9時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ