『舞妓はレディ』唯月ふうかの初“舞妓姿”がお披露目!

来年3月に博多座で上演されるミュージカル『舞妓はレディ』のチラシビジュアルが公開されました。

同作は、『Shall we ダンス?』など数々の名作で知られる周防正行監督の大ヒット映画『舞妓はレディ』(アルタミラピクチャーズ)を初めて舞台化するもの。舞妓になることを夢見て京都の花街に飛び込んだ主人公・春子が、個性豊かな花街の人々に見守られながら成長する姿を、映画版の魅力的な楽曲も存分に活かしながらエンターテインメント性たっぷりに描きます。

今回公開されたビジュアルでは、主人公の春子役を演じる唯月ふうかが初々しい舞妓姿を初披露。唯月を温かく支えるお茶屋の女将役の榊原郁恵(※「榊」は正しくは”木へんに神”)、先輩芸妓・先輩舞妓を演じる湖月わたる・蘭乃はなもそろって艶やかな和服姿を披露しています。

ヒロインの相手役となる言語学者を演じる平方元基、そしてお茶屋の常連客・呉服屋の社長を演じる西郷輝彦の男性陣はそれぞれミュージカルシーンを意識したタキシード姿に。舞台上で繰り広げられる“舞妓エンターテインメント”に、今から期待が膨らむ賑やかなビジュアルとなっています。今後、第二弾のキャストも発表予定。乞うご期待です!

※周防正行監督の作品が舞台化されるのは2014年に宝塚歌劇団で上演された『Shall we ダンス?』に続き、国内では2作目。本作は博多座が企画・製作を手掛ける自主制作公演で、博多座がオリジナル制作でミュージカルを手掛けるのは初の試みとなります。

ミュージカル『舞妓はレディ』

原作:周防正行/アルタミラピクチャーズ

脚色:堀越真 演出:寺﨑秀臣

出演:唯月ふうか・榊原郁恵・平方元基・湖月わたる・蘭乃はな・西郷輝彦 ほか
(※榊原郁恵の「榊」は正しくは”木へんに神”)

公演日程:2018年3月4日(初日)~20日(千穐楽)全25回

発売日:2018年1月13日(土) 午前10:00より電話予約・インターネット発売開始

料金:A席/12000円 特B席/9000円 B席7000円 C席4000円

公式HP: http://www.hakataza.co.jp/lineup/h30-3-1/index.php

企画・製作:株式会社博多座

※情報は2017.7.31時点のものです

博多座

住所福岡市博多区下川端町2-1
TEL092-263-5858
URLhttp://www.hakataza.co.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ