宮崎の神話と神楽の世界がわかる公開講座実施決定!@西南学院大学

「神話の源流」と呼ばれる宮崎県には、県内各地に200を超える神楽がうけつがれており、地域に残る神話や伝承、日々の暮らしと密接に関わりながら、地域のお祭りとして大切に継承されてきました。

また、神楽奉納の場では、舞場の外からお他を掛けたりはやしたてたりする「神楽せり唄」や「神楽囃子」によって会場全体を盛り上げ、舞手だけではなく、皆で神楽奉納を楽しむ文化が根付いています。

この「神楽せり唄」や「神楽囃子」は、中国の少数民族に残る、特定の日に男女が歌を掛け合う「掛け歌」の文化に類似する部分があり、民俗学的にも大変貴重な地域伝統文化といえます。

本講座は、民俗学や文化人類学の観点から、日本や中国をはじめ今も各地に残る「東アジアの歌唱文化」を「みやざき神楽」を通してさまざまな角度から掘り下げ、その魅力に迫るシンポジウムです。

 

<開催概要>

日時:平成29年8月26日(土)、13:00~15:20(開場12:30)

会場:西南学院大学 西南コミュニティーセンターホール

住所:福岡市早良区西新6-2-92

受講料無料、定員200名(要事前申し込み)、定員なり次第受付終了

 

<講座スケジュール>

13:00~13:30 基礎講座1 「神話からのメッセージ」 上野 誠 氏(奈良大学文化部教授)

13:35~14:05 基礎講座2 「中国少数民族の歌垣ーナシ族の恋愛模様ー」 金縄 初美 氏(西南学院大学国際文化学部教授)

14:05~14:20 休憩

14:20~15:20 パネルディスカッション 上野 誠 氏、金縄 初美 氏、大館 真晴 氏(宮崎県立看護大学教授、コーディネーター)

 

<お申込み>

電話:0985-22-1122(担当者が対応いたします。参加希望者(5名まで)・郵便番号・住所・電話番号をお知らせの上、お申込みください。【月~金】10:00~17:00※祝日を除く)

FAX:0985-22-1128(「宮崎県・西南学院大学連携講座」・参加希望者(5名まで)・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号をご記入の上、お申込みください)

WEB:http://www.umkag.com/miyazaki-kagura.php

往復ハガキ:宛先〒880-0022 宮崎市大橋3-101-1 第3UMKビル 株式会社UMKエージェンシー内 「宮崎県・西南学院大学連携講座」事務局(「宮崎県・西南学院大学連携講座」・参加希望者(5名まで)・郵便番号・住所・電話番号をご記入の上、お申込みください)

 

<お問い合わせ>

株式会社UMKエージェンシー内「宮崎県・西南学院大学連携講座」事務局

TEL:0985-22-1122

FAX:0985-22-1128

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ