移住で見つかる理想に暮らし 九州・山口ハッピーターンズフェア2018 2月10日(土)10:00~16:00 エルガーラホール・8階大ホール(福岡市中央区天神1-4-2)

開催概要

イベント名
九州・山口ハッピーターンズフェア2018
~移住で見つかる理想の暮らし~
開催日
2018年2月10日(土)10:00~16:00
会場
エルガーラホール・8階大ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
問合せ
西日本新聞社 業務推進部
「九州・山口ハッピーターンズフェア2018係」
TEL:092-711-5490(平日9:30 - 17:30)
主催
西日本新聞社
後援
福岡県、大分県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県
入場料
無料(事前予約不要)
開催内容(予定)
自治体PR&相談ブース
九州・山口の自治体が参加し、それぞれの地域の魅力や、移住に際してのアドバイス、支援策などの情報を発信します。
セミナー&トークセッション

移住を検討するにあたって押さえておきたい基本情報や、仕事、住まい、子育て、地域との関わり方などをテーマに、移住実践者の視点から、リアルなトークセッションを展開します。

  • 第1部
    移住を考え始めたら、まずは知っておきたいこと
  • 第2部
    話題のあのまち!地方移住暮らしの本音を聞きたい!
西塔大海
西塔 大海さん
移住コーディネーター/
コンサルタント(福岡県上毛町在住)

1984年生まれ、山形県出身。福岡県上毛町在住。東京から5年前に移住し、妻と娘とともに世帯数11軒の山奥で生活。移住コーディネートの仕事をしながら、自治体・企業のコンサルティングの仕事に従事している。

西塔ともみ
西塔 ともみさん

1984年生まれ。福岡県福岡市出身。主婦。一児の母。東京で暮らしていた2011年に東日本大震災を経験し、地方移住を考えるようになった。2013年に夫とともに福岡県上毛町の世帯数11軒の中山間地へ移住。

堀場貴雄
堀場 貴雄さん
元竹田市地域おこし協力隊/
現ゲストハウスオーナー(大分県竹田市在住)

1980年生まれ、千葉県出身。2014年に東京から大分県竹田市に移り、妻と二人で地域おこし協力隊として着任。16年12月、(同)solairodays設立および代表就任。17年4月に「たけた駅前ホステルcue」を開業した。

古橋範朗
古橋 範朗さん
暮らしの問屋店主(福岡県福津市在住)

1982年生まれ、京都府出身。2013年、結婚を機に福岡県福津市にある港町・津屋崎に移住。家や地域とともにある”人の暮らし”を大切にすることをコンセプトに掲げた不動産屋「暮らしの問屋」を立ち上げる。

その他、空き家・物件情報や移住PR動画コーナーなど移住にまつわるコンテンツが盛りたくさん!
アンケートに回答すると抽選で各地域の特産品が当たります。

移住者インタビュー

コーディネーターに聞く!移住Q&A

移住全般

Q 最初に何をすればいいの?
A SNSをチェックしたり、移住関連のイベントや地域のお祭りに参加したりすることが第一歩だと思います。気になる場所を見つけたら、1年を通して定期的に足を運んでみて、地元の方々と交流するとその土地の雰囲気がわかりますよ。
Q 成功するためのポイントは?
A 3人のキーパーソンを見つけましょう。1人目は希望の場所に住んでいる「移住の先輩」です。私は、その町に先に移住した方や役場の方を頼りました。2人目は「自分を歓迎してくれる地元のキーマン」。そして最後に、信頼できる「大家さん」です。

住まい

Q 家さがしはどうすればいいの?
A 空き家の情報が出回らず、1か所に集まっていないケースがほとんどです。自治体の担当者にコンタクトを取る、地元の住民に尋ねてみるなどして情報を収集しましょう。家賃がそれほどかからない地域では、仲介なしで大家さんと直接契約するケースもあります。
Q どうやって決めればいい?
A 理想通りのパーフェクトな物件に出会うのはそう簡単ではありません。優先したい条件をまとめておくとスムーズですよ。賃貸の場合もっとも重要なのは大家さんとの信頼関係です。

仕事

Q 求人情報はどこにあるの?
A 都市圏のように求人情報が集約されていることは珍しく、地元の人から情報を得るのが確かですね。その一方で、人口が少ない地域では働き手不足で困っているケースも多いので、仲良くなれば声を掛けてもらってうまくマッチングすることもありです。
Q 起業するのはアリ?
A アリだと思います。都市圏に比べれば家賃が安く、働く環境をつくって維持するコストが抑えられるからです。全体の収入が減ったとしても、家賃や食費などの費用が移住前より減る可能性が高い。低コスト、低リスクで企業するチャンスでもあります。