博多・古寺を照らす光の競演 博多ライトアップウォーク2013

福岡市博多区の古寺で開催中の「博多ライトアップウォーク2013」。

2006年から毎年開催されているイベントに行ってきました!

会場は、福岡藩主の黒田家菩提寺のひとつ東長寺や櫛田神社など計10カ所。秋の夜を彩る光の競演は「素晴らしい!」の言葉に尽きます。

DSC06084

DSC06081

円覚寺では、こんな演出も。光に演出された「わびさび」が印象的です

 

DSC06090

妙楽寺はろうそくの炎で「妙楽寺」と演出

DSC06091

博多は、京都・奈良に次いで神社・仏閣が多いそうですが、地元の人でもあまり古寺巡りをしたことがない人が多いのではないでしょうか?

地下鉄・祇園町を降りたところに東長寺があり、すぐ近くに円覚寺、妙楽寺、承天寺、順心寺、節信院があります。

(一番最初の五重塔の写真は東長寺です)

 

そして、国体道路を天神に向かって歩いていくと、「お櫛田さん」と地元の人たちから慕われている「櫛田神社」。

DSC06092

 

DSC06096

池や鳥居もライトアップされていて、見応え十分でした。

夜のお櫛田さんも風情があっていいですね!

会場にはたくさんの観光客が集まり、お正月を迎えたような気分でした♪

 

DSC06097

DSC06098

今年新たに会場として加わった妙典寺、正定寺は無料で見学できますが、

そのほかの会場(8会場)を巡る入場チケット(1200円)は、櫛田神社境内や承天寺前などで販売されています。

ライトアップは午後6時~午後9時まで。入場は午後8時45分までなので、ご注意ください。

私は最後に旧冷泉小学校へ向かいました。

ここでは、今話題のプロジェクションマッピング!入場可能時間ぎりぎりの午後8時45分に滑り込み、午後8時50分開映の光のショーを見ることができました!

 

DSC06100

DSC06101

なかなかの演出です!

現在は使われていない小学校の校舎をキャンバスに、博多の歴史や祭りが紹介されました。

DSC06103

本当に学校に子どもたちがいるかのようです!

校庭には、止まったままの時計が設置されていましたが、時が刻まれていない分、なんか郷愁のようなものを感じました。

DSC06104

博多どんたくや山笠など、博多を代表する祭りが校舎いっぱいに映し出されます。

DSC06108

短い時間の上映ですが、子どもたちの影を随所に織り交ぜながら、博多の歴史と未来を感じさせる構成になっています。

そして最後は・・・

DSC06109

手一本!!

さすが博多!!さすがです!

会場に居合わせた人たちも一緒になって「よぉ~」パン!と手一本して終わりました。

本当、なかなか見応えのあるイベントでした。

新たな博多の魅力を再発見したような気がしました。

 

イベントは4日までです。ぜひみなさんも行かれてみてください(^O^)/

 

 

※情報は2013.11.2時点のものです

博多ライトアップウォーク2013

URLhttp://hakata-light.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ