福岡の男性は照れ屋?「お酒」と「旦那様」と「プロポーズ」

[PR]サントリー

男女問わず、長年生きていればお酒にまつわる笑い話や失敗談などには事欠かないことでしょう。今回は普段小さな子どものお世話に追われながら”大きな子ども”の旦那様の世話にも悪戦苦闘している主婦に登場していただき、お酒にまつわる夫婦のエピソードをいろいろとお話しいただきました。

普段あまり飲まない旦那が、お酒を飲んで思い切って言い放ったひとこと!

「キミは一体何しに来たのかね?」
結婚の挨拶に訪れた旦那(この時はまだ彼氏)に父が浴びせた言葉がこれです。プロポーズを受け、後は両家への挨拶をクリアすれば晴れてゴールイン!という、人生で一番キラキラしている時期の出来事でした。
その日朝から緊張しまくっていた旦那は、リビングに座っているときもガタガタと軽く震えている様子。母が気を遣って軽い料理とお酒を出してくれたのですが、全く手を付ける様子もありませんでした。そこへ父が登場し軽く挨拶。
「まあ、一杯飲みなさい」
とすすめられるままお酒を口にする旦那。いつもはあまり飲まない旦那ですが、この日は緊張からか普段より飲んでいたような気がします
あっという間に1時間程が経ち・・・。なかなか本題を切り出せない旦那に、しびれを切らして出たのが冒頭のセリフ。
すると旦那は緊張とお酒とで顔を真っ赤にしながらおもむろに立ち上がり、父に向かって深々と頭を下げて「お義父さんを僕にください!!」
一瞬静まり返ったその場は、次の瞬間大爆笑に。
このときの愛の告白(?)のせいか、今ではすっかり仲が良くなり二人ともお盆や正月に一緒にお酒を飲んでくだらない話をするのを楽しみにしているようです。(M.Mさん40代)

<編集部>
男にとって何が一番緊張するかといえば、やはり相手の親への挨拶ですよね。極限の緊張状態でやってしまったこの言い間違い、笑い話になってよかったです

 

 

夕食のテーブルで痛感した育った環境の違い

 

私の実家は毎日晩酌する習慣がありました。夕食時、父の前には必ずビールが置かれていて、父と母が仲良く晩酌しながら食事をするのが当たり前の風景でした。20歳を超えると私もその晩酌のおこぼれに与ることが多く、父のつまらないジョークで盛り上がりながら家族団らんの時間を過ごすことが当たり前の風景。

一方の旦那は、お酒は好きですが家では飲みません。結婚前はあまり気が付かなかったのですが、旦那の家はあまりお酒を飲まないらしく、「お酒は外で会社の人と飲むもの」という認識だったそうです。
新婚当初、私は自分の家の当たり前を実践していました。旦那はそれを見て「何かの記念日だっけ?」と不思議に思っていたそうです。
ところが、来る日も来る日も食卓に出てくるビール。さすがに旦那も疑問に思ったのか、ある日私に聞いてきました。
「なんで毎晩ビールが出てくるの?」
「は???アナタは一体何を言っているの???」
「いや、だから、ビール・・・・」
「ビールはビールでしょ。大丈夫、生活費はちゃんとやりくりしているから」
「いや、そうじゃなくて・・・」
「何?焼酎の方がいいの?」
こんな不毛なやり取りを続けているうちに、旦那が家では飲まない習慣を持っていること、私の実家が実は晩酌の習慣がある家系であることを初めて認識して、穴があったら入りたいほど恥ずかしくなりました。
今では夫婦で仲良く晩酌しています。(S.Iさん40代

<編集部>
結婚してから気が付く家庭環境の違い、あるあるですよね。やはりお酒を囲んでの一家団欒には憧れます。旦那様の健康維持のためにも、週に1~2回は休肝日を設けてくださいね。

 

留守電で聞いた「キミを一生幸せにするから」の言葉

photominus/iStoc/Thinkstock

 

彼との付き合いも長くなり、「そろそろプロポーズしてくれるかな」と期待が高まっていた頃の話。普段はあまりお酒を飲まない彼が、デートのときにいつもは行かないようなバーに度々連れていってくれるようになりました。お洒落な空間にテンションの上がる私を横目に、彼は「プロポーズを・・・」という意気込みを持っていたようです。
そんなある日、忘年会で帰りは遅くなるとの連絡。私は先に寝ていました。
翌日、携帯を見ると夜中の着信。「どうしたんだろう・・・?」と留守電を再生してみると、盛り上がる会場のザワザワした様子をバックに「一生幸せにするから。結婚してください」のメッセージが。
盛り上がった飲み会の雰囲気に押されて放った言葉だと容易に想像できました。そんな状況でないとプロポーズできないのか!と思ったりしましたが、同時に「やっと言ってくれた」とうれしい気持ちに。
もちろん、正式なプロポーズは後日シラフでしてもらいましたが、このときのことは今でも夫婦で盛り上がる話のネタになっています。(T.Hさん20代)

 

<編集部>
お酒の力を借りなきゃ言えないプロポーズ、情けないと笑わないでください! 男は意外と臆病なんですよ!

 

いやあ、みなさんいろいろなエピソードをお持ちのようです。今回は「お酒に関するエピソード」をご応募いただき、一部をご紹介いたしました。エピソードを読むと「お酒には人を幸せにする見えない力がある」のかもしれないと感じました。失敗やアクシデントも振り返ると「二人だけの思い出」として心に残っているのではないでしょうか。今夜もどこかでお酒にまつわる愉快な出来事が巻き起こるんでしょうね。ところで、アナタと旦那様にはどんなエピソードがありますか?


今なら福岡限定で、「飲んだら得するキャンペーン」実施中♪飲んでポイント貯めて、贅沢スイーツをゲット!!

※情報は2017.11.17時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ