スザンヌも期待!福岡アジアコレクション2018(FACo)3/25に開催

福岡ブランドを日本全国、そしてアジアへ発信するファッションイベント「FACo(福岡アジアコレクション)2018 SPRING/SUMMER」が2018年3月25日(日)、福岡市博多区築港本町の福岡国際センターで開催されます。

FACo=FUKUOKA ASIA COLLECTION

2009年からスタートし、なんと、2018年で10回目!すっかり、福岡の春のイベントとして定着してきましたが、10回目となる今回のテーマは「REBORN」(生まれ変わる、再生する)。過去10年間を振り返り、新たなステージへの展開を予想させる、これまでにないビッグイベントとなりそうです。

12月18日に福岡商工会議所で開かれた記者会見には、1回目から出演し、10回目となる今回も出演するタレントのスザンヌさんと地元ブランド「ALL MY LOVING(オールマイラヴィング)」のデザイナー天本誠司さんも登場。FACoの思い出や今回のイベントにかける意気込みを語ってくださいました。

(左から)天本誠司さん、スザンヌさん

(左から)天本誠司さん、スザンヌさん

博多織とデニムのファッションで登場した天本さんは「10年前、デザイナーとして独立して初めて参加したのがFACoでした。当時は、福岡のデザイナーにとって発表の場ができたとワクワクしていましたが、10年続けてきて、FACoは(デザイナーの発表の場だけでなく)会場の人とデザイナーが一緒にファッションを楽しむ場だと思うようになりました。2018年は博多織が誕生して777年の記念の年。同じ年に、FACoが10回目の開催、ブランドも11年目という新たなスタートを迎えるなんて運命的なものを感じるし、みんなの記憶に残るイベントにしたいです」と意欲を語りました。

また、スザンヌさんは「1回目の参加の時は21歳でしたが、この10年間で結婚し、出産し、離婚し・・・(笑)。すごい10年だったけれど、いい感じに年を重ねている格好いい女性として出演できたら」と笑顔。「FACoの会場はモデルと客席との距離が近いし、福岡はオシャレな人が多いので観客の方のファッションを見るのも楽しみにしています。素敵なアニバーサリー、みなさんにとってサプライズのこともあると思うのでぜひ楽しみに見に来てほしいです」と話していました。

当日は、10回目の開催を記念した「10th Anniversary STAGE」が設けられ、過去のステージや取り組みを振り返る映像や、第1回目から携わっているゲストモデル、アーティスト、デザイナー、ファッションブランドをクロースアップした演出によるステージも展開予定だそうです。また、今回も、中国、台湾、タイ、ベトナムの「カワイイコンテスト」で選ばれたカワイイ大使がランウェイに登場するほか、韓国をはじめとする海外ブランドも参加予定です。

福岡アジアコレクション実行委員会の榎本重孝委員長(福岡商工会議所 副会頭)は「これまでにない華やかさで福岡の春を盛り上げていきたい」と語っていました。

まだ公表できないことも少なくないようですが、今回のFACoはいつも以上に盛り上がりそう!? 今後の情報に乞うご期待です!

(左から)天本誠司さん、榎本重孝さん、スザンヌさん

(左から)天本誠司さん、榎本重孝さん、スザンヌさん

福岡アジアコレクション(FACo)

開催日:3月25日(日)

時間:開場は12:00、開演は1st stage/13:00  2nd stage/15:30  3rd stage/18:00

料金:

SS席 8,500円(3ステージアリーナ指定席)

自由席(スタンド自由席+アリーナスタンディング)5,000円

公式サイトはこちら

 

※情報は2017.12.18時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ