まだ間に合う!初詣にぜひ訪れたい福岡の神社5選

2018年がスタートしましたが、みなさんは初詣に行かれましたか?この「初詣」ですが、正月三が日に行かなければいけないといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。広辞苑で調べてみたところ、初詣は「新年にはじめて社寺へお参りすること」とあり、何も正月三が日といった期間は設けられていないようです。初詣にまだ行っていない人もまだ間に合う!ということで、福岡でおススメの神社をご紹介します。

■太宰府天満宮(太宰府市)

福岡の神社として全国的に有名な太宰府天満宮。春夏秋冬、季節を問わずいつも大勢の参拝客で賑わっています。太宰府天満宮では1月7日に、鬼を追い払い、ウソをついた悪い行いを嘘にして吉となす「鬼すべ神事」と「鷽替え神事」があります。1000年以上続く伝統神事も必見です!

※関連記事「福岡の超絶人気スポット・太宰府の魅力を徹底大解剖」

■竈門神社(太宰府市)

太宰府天満宮に行ったらぜひ足をのばしてほしいのが竈門神社。縁結びの神様として有名です。かまどをイメージした円形の授与所も必見。恋愛運や女子力アップを目指す方にぜひ訪れてほしい神社です。

※関連記事「縁結びの神様に出会える!竈門神社で恋の願掛け」

■宮地嶽神社(福津市)

福岡県福津市にある宮地嶽神社には三つの日本一があることをご存知ですか?何かというと「大注連縄」「大太鼓」「大鈴」。度肝を抜かれるような大きさです。また、宮地嶽神社から海岸まで参道が一直線になっている景色も必見です。

※関連記事「三つの日本一、地下の正倉院…宮地嶽神社の魅力とは?」

■十日恵比須神社(福岡市博多区)

福の神のえびす様とだいこく様をご祭神とする十日恵比須神社では1月8日~11日、家内安全や商売繁盛を祈願する「十日恵比須詣り」が開催されます。期間中、毎日あるのが名物の福引き。福引を引くと、世話人の「大当たり!」の声が境内に響きます。新春の縁起を祝う「開運御座」、博多券番の芸妓(げいぎ)衆が華やかな姿で参拝する「かち詣り」も注目です!

※関連記事「博多新春 商売繁盛 十日恵比須神社『正月大祭』を楽しもう!」

■愛宕神社(福岡市西区)

日本三大愛宕の一つで、福岡市西区に鎮座する愛宕神社。2018年の干支「戌年」にちなみ、ソフトバンクのCMでもお馴染みの白戸家のお父さんをモチーフにした「巨大お父さん犬」の像が設置されたことでも話題となっています(設置期間は1月8日まで)。展望台から眺める福岡市内の景色も感動必至!

※関連記事「ソフトバンクの『巨大お父さん犬』が設置された愛宕神社へ行ってみた」

このほかにも、宗像大社(宗像市)や筥崎宮(福岡市東区)、香椎宮(福岡市東区)、櫛田神社(福岡市博多区)、住吉神社(福岡市博多区)、高良大社(久留米市)、恋木神社(筑後市)などなど、挙げればきりがないほどたくさんの神社があります。新年の開運祈願に、ぜひ福岡の神社へ足をお運びください。

※情報は2018.1.5時点のものです

この記事もおすすめ