福岡市内の連結バスが障がい者アートで変身!「ときめきアートバス」運行中

福岡市内で活動している障がい者アート作品を活かした「ときめきアートバス」が、福岡市内中心部を運行しています。

ときめきアートバスは、みんながやさしい、みんなにやさしい「ユニバーサル都市・福岡」を実現する取り組みの一環として、福岡市が実施。障がい者施設商品を通して障がいのある人と社会とのつながりを深めようと、今回初めて市内を走る連結バスを使った作品展示を実施しています。

博多~天神~ウォーターフロンドを結ぶ連結バスの車内には、循環ルート上のさまざまなランドマークを障がい者独自の視点でアート化した作品を展示。外から見ても中で見ても気分が明るくなるアート空間が広がっています。

アートバスの運行は1月31日(水)まで。この機会にぜひ連結バスにご注目ください♪

※情報は2018.1.15時点のものです

この記事もおすすめ