福岡県大野城市に新名所誕生!『大野城心のふるさと館』7/21にオープン!

福岡県大野城市に7月21日、市民ミュージアム「大野城心のふるさと館」がオープンします。「歴史」「こども」「にぎわい」をキーワードに、歴史やまち、人がつながるミュージアム。オープン100日前イベントとして先日、メディア向け内覧会が開催されました。今回は、注目の施設の見どころをご紹介します。

大野城心のふるさと館

大野城心のふるさと館

 

1階:楽しく!学ぶ

1階には昭和の暮らしを見るだけでなく、「学ぶ」「触れる」「遊ぶ」体験ができる昭和の暮らしコーナーを開設。昭和20~40年代の市内の農家をモデルにした建屋が展示されているほか、ここで昭和の暮らしや遊びが体験できる事業が展開されます。また、季節や年代を変化させる際の展示替えは市民参加型で実施。多世代の人が一緒に楽しめる企画が満載です。

TVでは懐かしのCMも。

TVでは懐かしのCMも。

簡単な工作や滑り台で遊べる3歳児以上のコーナーや裸足で遊べる0~2歳児向けのコーナー、ボールプールもあります。

簡単な工作や滑り台で遊べる3歳児以上のコーナーや裸足で遊べる0~2歳児向けのコーナー、ボールプールもあります。

また、大野城市の歴史や最新の観光情報が分かる「大野城ダイナビジョン」にも注目。180インチの大画面モニターで、市内の歴史や観光・最新情報が提供されるほか、画面で遊べるインタラクティブコンテンツも夢中になること必至です。

2階:広く!学ぶ

2階には大野城の歴史が分かるコンテンツが盛りだくさん。旧石器時代から現代まで大野城市の特徴が分かる展示「大野城タイムライン」のほか、須恵器を焼く窯や工房を再現した「牛頸須恵器ファクトリー」、シアター映像や復元模型へのプロジェクションマッピングで水城・大野城ができた時代に迫る「水城・大野城シアター」などが楽しめます。

特に注目なのが、「百聞石垣ウォール・クライミング」。大野城跡の百聞石垣の一部が再現されているほか、高さ7mのクライミングコーナーで遊ぶこともできます(ご利用には登録申し込みが必要です)。

3階:深く!学ぶ

3階では、貴重な文化財等を展示する特別展こども・ファミリー向けの企画展を開催・また、中国古典文学者 目加田誠氏ご夫妻の研究資料をはじめ、大野城市の貴重な歴史資料やゆかりの人物について学ぶことができます。

「大野城心のふるさと館」は、『―歴史と、まちと、人と、想いと―「つなぐ、つながる。」』をテーマにしていますが、館内には同館の開館をサポートした方々の名前も掲示。こうしたちょっとした演出にも「つながっている」思いが伝わってきます。

そのほか、1階には大野城市の特産品や東北・熊本の被災地応援商品などを販売する「ミュージアムショップ」「喫茶コーナー」も設置。ふるさと館オリジナルグッズや個人が製作した作品の販売も行われる予定です。

開館記念特別企画展では『顔 THE FACE~それぞれの「顔」が語りかける「過去」「現在」そして「未来」~』展を開催。大野城まどかぴあと連携した企画展「まどかぴあ初代館長 池田満寿夫氏コレクション」も必見です。

大野城市民のみならず、大野城を訪れた多くの人たちの憩いの場となる新スポット誕生に、ぜひご期待ください。

大野城心のふるさと館
館時間 9:00~19:00
観覧料 無料(常設展示のみ)
※企画展は有料です。
※有料の際の金額は企画展により変わります。
休館日 毎週月曜日
※月曜が祝日の場合はその翌平日
※年末年始や休館(12月28日~1月4日)

大野城心のふるさと館公式サイト

※情報は2018.4.17時点のものです

大野城心のふるとさ館

住所福岡県大野城市曙町3丁目8-3
TEL092-558-5000
FAX092-558-2207
URLhttp://www.onojo-occm.jp/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ