「飲酒運転ゼロ」1万人の誓い 大濠公園で福岡史上初のチャレンジ!【参加者募集】

福岡市東区で2006年8月25日、飲酒運転による交通事故で幼い子ども3人の命が奪われました。痛ましい事故から、まもなく8年。悲劇が二度と繰り返されないよう、各地で飲酒運転撲滅に向けた啓発や運動が起きていますが、いまだ飲酒運転による事故は相次いでいます。

 

飲酒運転は「しない、させない、絶対許さない」ことをあらためて確認し、飲酒運転のない安全で安心して暮らせる社会を実現するため、8月25日正午~、福岡市中央区の大濠公園で「1万人のチームゼロ 8・25 in大濠公園」を開催します。

 

上空から眺めると大きなゼロの形をしている大濠公園をぐるっと囲んで、飲酒運転ゼロへの思いを込めた巨大な青い「0」をつくる福岡史上初のプロジェクト!

参加資格は飲酒運転ゼロを目指すすべての方。個人・団体は問わず、誰でも参加できます。

 

当日は午前11時から舞鶴公園西広場で受付を開始。チームゼロフクオカのチームカラーである青いもの(青いTシャツ、青い帽子、青いタオル…)を身につけてきてください。

 

当日の様子は後日、西日本新聞紙面に掲載するほか、特設WEBサイトでメッセージムービーとして配信予定です。福岡から、飲酒運転ゼロのメッセージを全国へ、世界へ発信していくために、みなさまのご参加をお待ちしております!

 

■イベントページ:https://www.facebook.com/events/700505523332435/?ref=22

■公式サイト:http://team-zero-fukuoka.com/

※当日参加できない方も、WEB上でメッセージを受付中です。

 

また、福岡市役所1階ロビーと各区役所、出張所では、飲酒運転撲滅への願いを込めた折り鶴を募集中です。折り鶴は8月25日午後6時~7時、福岡市役所西側ふれあい広場で開催される「飲酒運転撲滅大会」で披露し、その後、各区役所、出張所や企業で展示されます。

福岡市役所前には、「飲酒運転撲滅を誓うモニュメント」があります。

これは、2006年の3児死亡事故のような悲劇を繰り返すまいと地元経済人などの有志団体が建立したものです。当初、東区の公園にありましたが、2011年に市役所前に移設されました。

モニュメントは不完全なゼロの形をしています。原案を制作した漫画家の長谷川法世さんによると「これから完全なる飲酒運転ゼロを目指す」との思いが込められているそうです。

 

8月25日は、一人一人が飲酒運転撲滅の誓いを新たにし、みんなの想いがカタチになる日。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

※情報は2014.8.12時点のものです

10000人のチームゼロ

住所福岡市中央区城内
TEL092-711-5466(西日本新聞社企画推進部内)平日午前10:00~午後6時
URLhttp://team-zero-fukuoka.com/

関連タグ

この記事もおすすめ