【純真学園大学】教育と医療現場の連携に強み

保健・医療の現場で重要な役割を担う看護師・保健師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士を養成する純真学園大学。本年4月からは大学院を開設し、より高度な専門知識を持つ人材の育成を目指しています。

複雑・高度化する医療に対応

医療従事者の業務は人の生死に関わるものであり、一刻を争うような状況下でも、冷静な判断で職務を全うせねばなりません。
その一方で、医療の高度化と専門分野の細分化が急速に進み、複数の医療職が協力して1人の患者を救う「チーム医療」が、今や常識になっています。

そうした状況に対応して本年4月、国立病院機構九州医療センター敷地内に、大学院保健医療学研究科を新設しました。

九州を代表する基幹病院との密接な連携により、最先端医療・チーム医療の知識と技術の修得、ならびに、より高度な専門性を有する医療従事者や教育者・研究者を育む基盤が整いました。
これから医療専門職を目指す人たちには、各職種の専門性はもちろん、高度な情報共有能力やチームをまとめるコーディネート力などが求められています。
そんな社会的要請に応えるために純真学園大学では、職種の枠を超えた連携能力を養うインタープロフェッショナル(多職種連携)教育を実施しています。
さらに、学園訓である「気品」「知性」「奉仕」の精神を具現化した「純真学」を平成 28 年度よりスタートしました。
それにより、医療人としてのたしなみや人間としての深み、一流を知る心などを学びます。

こうしたカリキュラムを通じて、自らの専門分野の追求と他職種の理解を深め、優秀な医療人を育てます 現在、本学キャンパス内では、さらなる教育の充実を図るため「医療実習新棟(仮称)」を建設中。

 

純真学園大学
〒815-8510 福岡市南区筑紫丘1-1-1
☎092-554-1255
http://www.junshin-u.ac.jp/

 ●福岡の大学情報を掲載!
ふくおかで学ぼうはコチラ

 

※情報は2018.7.9時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ