【筑紫女学園大学】学生の成長と自己実現にむけて

2017年に学園創立110年の筑紫女学園を母体に、筑紫女学園大学は1988年に設立。建学の精神の仏教に基づく人間教育と、変化する時代に応じた女子教育をゆるぎなく実践しています。

時代のニーズに対応

筑紫女学園大学の人材養成像は、どの分野においても自らの役割を果たし、新しい価値を創造し得る女性です。
それは大学が掲げ続ける校訓「自律」「和平」「感恩」の精神が目指すものに他なりません。

3つの学部のうち表現力の文学部は日本語・日本文学科、英語学科、アジア文化学科により構成。
支援力の人間科学部は心理、福祉、教育(初等・幼保)の要素を持つ1学科2専攻4コースで構成しています。

実践力の現代社会学部は、フィールドワークなどの体験型学習を重視。地域デザインなど4領域から現代社会を理解し、ソーシャルビジネスなど20プログラムから自らの学びをデザインし、社会で活躍する力を身に付けます。

特徴的なのが副専攻という仕組み。学部学科の領域を越えて全学で学ぶ「女性の生き方を考える副専攻」や「児童英語教育副専攻」などがあります。

大学改革を確実に実行するための組織改編を6月に実施し、教職協働による学生支援体制が整いました。2019年4月に、時代のニーズに合った筑女の教育を実現するための新しいカリキュラムをスタートさせます。

大学の新たな役割を担う「社会連携センター」や「女性活躍支援センター」などを立ち上げ、さらに地域に求められる「臨床心理センター」の開設を予定しています。
学生一人ひとりの成長と自己実現のために、筑女はこれからもさまざまな取り組みを続けていきます。

 

 

筑紫女学園大学
〒818-0192 福岡県太宰府市石坂2-12-1
☎092-925-3511
https://www.chikushi-u.ac.jp/

 ●福岡の大学情報を掲載!
ふくおかで学ぼうはコチラ

 

※情報は2018.7.13時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ