福岡市に「ららぽーと」「キッザニア」ができる!!2022年春開業

福岡市は19日、博多区那珂の青果市場跡地(約9㌶)の再開発事業者に、三井不動産と西日本鉄道、九州電力の企業グループを選んだと発表した。同グループは、三井不動産が展開する大型複合商業施設「ららぽーと」を2022年春に開業させる。ららぽーとは九州初進出で、核テナントとして子ども向け職業体験テーマパーク「キッザニア」も九州に初めて出店する。

福岡市博多区の青果市場跡に開業する大型商業施設「ららぽーと」の完成イメージ(福岡市提供)

ららぽーとは、関東を中心に全国13カ所にあり、家族や女性向けの施設造りを得意としている。福岡では、6階建ての本棟(延べ床面積13万9010平方㍍)や、キッザニアが入る4階建ての別棟(1万2560平方㍍)などで構成する。

核テナントのキッザニアは、メキシコ発祥で世界約20カ国で展開。国内では東京と兵庫のららぽーとに出店している。消防署や銀行、病院など約100種類の職業体験が楽しめる施設として人気が高く、観光客も多い。名古屋市に開業するららぽーとにも出店計画があり、福岡が国内4カ所目となる見通しだ。

また200㍍トラックを備えた「スポーツパーク」、子どもが遊べる「わいわいパーク」、体験農園「アグリパーク」など特色ある広場を計10カ所に配置するのが特徴で、部活動や地域の祭りなどの会場として無償で貸し出すという。農園で収穫した野菜を調理できる施設や保育園、医療モールも設ける。

西鉄はバスターミナルを設置し、福岡空港や主要駅などからの路線バスを新設する。九電は、省エネ技術などを施設運営に生かす。

跡地は、1968年に開場した青果市場が2016年にアイランドシティ(福岡市東区)へ移転したことに伴い、市が売却を決定。空港やJR博多駅に近い広大な敷地として注目を集め、売却先の公募には、JR九州▽イオンモール▽イズミ-をそれぞれ中核とする三つの企業グループも応募した。

市は、跡地購入の入札価格(最低118億円)や事業計画を審査。三井不動産のグループの落札価格は190億円だった。次点はJR九州や住友商事などのグループだった。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ