似顔絵師「しきっしー」ファン急増。凶暴ながら愛される謎の生態

色紙の形をした顔面から手が伸び、不敵な笑みを浮かべて街をぶらつくゆるキャラがいる。新天町商店街(福岡市中央区)などに気まぐれで出没する「しきっしー」は自らを色紙の妖精と称する似顔絵師。ゆるキャラなのに、ゆるさを感じさせない「俺様」な態度と毒舌ぶりがなぜか受け、繰り返し描いてもらうリピーターが急増している。

輪郭や口元に悪意を感じるしきっしーの似顔絵。描いてもらった女性は「テレビを見てファンになった。やっと会えてうれしい」と笑顔

白目むき、歯茎を強調 悪意さえ感じる絵

仕事嫌いのしきっしーは似顔絵師の活動は月1回1時間程度。無料で描く。ただその似顔絵は一風変わっている。似顔絵は本人に似せることはもちろん、少しきれいに、年配者なら若々しく描くのが相場。しきっしーは、白目をむいたり、歯茎を強調したり、悪意さえ感じる絵を描く。描き上げた後には色紙を地面に投げつけ、「どうだ」と言わんばかりの態度を取る。

色紙の裏を使って仲良し夫婦と筆談しながら絵のイメージを膨らますしきっしー。この後、出来上がった色紙を地面に投げつけられることを夫婦はまだ知らない

色紙を地面にたたきつけられ「きゃー!」

なぜ人気なのか。7月のある日、新天町の時計台の下に姿を現したしきっしーの様子を探った。

家族ぐるみでファンという福岡県春日市の20代女性が興奮気味に駆け寄った。

「完全に追っ掛け。彼の生きざまが好きです」

しきっしーは、黒の筆ペンと、人によって赤、ピンク、水色などの中からもう1色を選び、計2色で描く。お絵かきボードを使って筆談を交わしながら彼女の色を決めると、踊りながら数分で描き上げた。目元、口元、輪郭などの特徴を捉え、画力はある。が、タッチは荒々しく、顔はやはり白目をむき、とても女性が喜ぶ絵とは思えない…。

最後に色紙を地面にたたきつけると、女性は「きゃー」とうれしそう。まるでフィギュアスケーターの羽生結弦さんを見つめているようなうっとりした表情で語った。

「これでも良いなら来いという態度が好き。何かすればネットですぐたたかれる時代に、なりふり構わず描く姿がかっこいい」

「俺様」な態度に完全に心を奪われた様子だった。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ