【トリビア】安室奈美恵さんは13年前、エマックス・クルメの広告塔だった

福岡市・天神は、9月16日に引退する安室奈美恵さん一色に染まっています。福岡三越では、安室さんの軌跡を振り返る展示会を開催中。西鉄福岡(天神)駅では電車の発車ベルとして安室さんの名曲「Hero」が流れ、ビルの随所には安室さんの写真が掲げられています。

福岡市・天神のビル「イムズ」に掲げられた安室奈美恵さんの写真

東京や大阪などでもこうした展示会などが相次ぎ、引退に向けて注目が高まる国民的スター安室奈美恵さんですが、安室さんが以前、福岡県久留米市の商業施設「エマックス・クルメ」の広告塔だったということを知る人は少なくなっているかもしれません。

エマックス・クルメは西鉄久留米駅ビルの商業施設。地元客が中心で、現在は主に雑貨店や書店が占めていますが、以前は若者向けのファッションが中心でした。

施設を運営する西日本鉄道の広報室によると、安室さんがエマックス・クルメの広告塔だったのは1995年4月から1年間。その間ポスターやチラシなどに登場していたといいます。

1995年4月と言えば安室さんが10代で、まだ「SUPER MONKEY’S」としてグループで活動していたころ。当時の安室さんも人気でしたが、同年に小室哲哉さんがプロデュースするようになってから、より本格的なアーティストとしてさらに人気を集めることになります。エマックス・クルメによる安室さんの起用は、絶妙の時期。担当者には先見の明があったのですね。

そんな安室さんのポスターやチラシ、引退を前にぜひ見たい!と思ってしまいますが、残念ながら実物は残っておらず、詳しいことが分かる人もいないとのことでした。実物などを持っている人がいたら話題になりそうな気がします。

→関連記事「福岡三越で安室奈美恵さんの展覧会」はこちら
→関連記事「安室さんの『Hero』、電車の発車ベルに」はこちら

※情報は2018.8.20時点のものです

なかやま

関連タグ

この記事もおすすめ