【速報】「MARK IS 福岡ももち」が11月21日にオープン。全163店が決定!

三菱地所は21日、福岡市中央区地行浜のホークスタウン跡地で開発していた商業施設「MARK IS 福岡ももち」を11月21日(水)にオープンすると発表しました。店舗全163店(店舗面積約4万8千平方㍍)も公表し、新業態は9店、県内初出店は44店、商業施設初出店は19店。スーパー「ハローデイ」、ファッションの「ユニクロ」や「GU」、ホームセンター「ニトリ」、家電「コジマ×ビックカメラ」などが出店します。天神以西で福岡市最大となる商業施設がいよいよオープン!その概要をお伝えします。

中央部のイベントスペース

建物は4階建てで、中央部の1階から4階まで続く開放的な吹き抜け空間には、施設のシンボルとなる幅約9㍍、長さ約20㍍の大きな階段を設置。憩いの場や、子ども向け遊び場(3階と屋上)なども設けます。館内各所に配したイベントスペースでは各種イベントを企画していくそうです。

子ども向け遊び場「あそびばももち」

1階は「港町」がテーマで、ハローデイやユニクロ、ニトリ(ニトリは1,2階)が出店。

1階と2階をつなぐ大階段

2階は「洗練された都市としての『街』」をテーマに、ライブハウスの「Zepp Fukuoka」や、ファッションなどを扱う九州初進出の「RHC ロンハーマン」などが出店します。

3階中央にできるフードコートや飲食店街の「ももキチ~ももちキッチン~」

3階には、フードコートのほか「トイザらス・ベビーザらス」を中心としたキッズゾーンを配置。キッズゾーンには子ども向けの服、靴、雑貨、美容室、小動物との触れ合いカフェなどを集めています。

4階の休憩スペース

4階はエンターテインメントや家電のフロアで、映画館「ユナイテッド・シネマ福岡ももち」やアミューズメント施設「namco」、「コジマ×ビックカメラ」などが出店する予定です。

MARK IS」は三菱地所グループが展開する商業施設のブランド名で、街とともに成長し、人々に長く深く愛され続けるランドマークでありたいとの願いから名付けられたそうです。「MARK IS 福岡ももち」は、「MARK IS 静岡」(静岡市)、「MARK IS みなとみらい」(横浜市)に次ぐ3施設目。 福岡ももちは「モモチゴコチ~まいにちも、とっておきも。~」をコンセプトに、海辺にありながら都心にも近い立地を生かし、ファミリー層を中心として幅広い層をターゲットにしていくそうです。

MARK IS 福岡ももち
開業:2018年11月21日
営業:物販とフードコートは10:00~21:00、飲食店は11:00~22:00
店舗:163店
駐車台数:約1300台

※情報は2018.8.21時点のものです

MARK IS 福岡ももち

なかやま

関連タグ

この記事もおすすめ