アマゾンが福岡と東京の実店舗でQRコード決済を開始

アマゾンは29日、スマートフォンに表示されたQRコードを使って実店舗で支払いができる決済サービスを始めた。アマゾン直営以外の常設の小売店などで、サービスが利用できるのは世界初。当初は東京と福岡市内の数十店舗で導入し、順次拡大する。

実店舗での利用がスタートした「アマゾンペイ」を紹介するアマゾンジャパンの井野川拓也アマゾンペイ事業本部長(左)とニッポンペイの高木純社長=29日、福岡市

アマゾンの顧客登録情報を用いて、新たに個人情報を入力することなく他のネット通販サイトなどで決済ができる「Amazon Pay(アマゾンペイ)」というサービスを拡大する。実店舗にも利用範囲を広げることで提供できる商品やサービスを増やし、利便性を高めたい考えだ。

利用客は支払いの際、既存のアマゾンの買い物アプリで、スマホ上にQRコードを表示。ニッポンタブレット(東京)が店舗側に無料で貸し出すタブレット端末をQRコードにかざすと支払いが完了する。アマゾンに登録したクレジットカードを経由して決済する。

アマゾンジャパン(東京)の井野川拓也アマゾンペイ事業本部長は「店舗側にも新規顧客獲得やキャッシュレスによる負担軽減という利点がある」。ニッポンタブレットの親会社ニッポンペイ(同)の高木純社長は「商店街などの中小個人商店などにもキャッシュレス化を広めたい」と語った。

※情報は2018.8.30時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

関連タグ

この記事もおすすめ